錦織が敗因分析「自分のせい」

錦織 敗因を自己分析「ほとんど自分のミスばかり」<男子テニス>

(tennis365.net) 02月28日 12:13

日本のエース錦織圭[写真/tennis365.net]

日本のエース錦織圭[写真/tennis365.net]

(tennis365.net)

男子テニスツアーのアビエルト・メキシコ・テルセル男子(メキシコ/アカプルコ、ハード)のシングルス2回戦で敗退した第2シードの錦織圭(日本)は26日に自身のブログを更新し、敗因を自己分析した。
24日、世界ランク43位のS・クエリー(アメリカ)に4-6, 3-6のストレートで敗れてベスト8進出を逃した錦織はクエリーに4連勝していたが、2012年の上海マスターズ以来の敗戦を喫し「クエリーにリベンジされてしまいました。」と悔しさを滲ませた。

続きを読む

新着トピックス一覧

注目のトピックス

J-anpi

写真ニュースまとめ一覧を見る