川崎病の早期診断につながる発見

<川崎病>早期診断に光 関連たんぱく質特定 横浜市立大

(毎日新聞) 03月20日 23:42

 乳幼児を中心に国内で年間1万5000人以上が発症する「川崎病」を素早く診断できる4種類のたんぱく質を発見したと、横浜市立大の研究チームが発表した。診断基準として確立すれば、早期治療がうまくいかなかった場合に約3割の患者に起きるとされる心臓の合併症を減らすことが期待される。

続きを読む

新着トピックス一覧

国際・科学のトピックス

写真ニュースまとめ一覧を見る