STAP細胞

02月10日 14:24

小保方氏への人権侵害認める BPO

01月07日 13:18

小保方氏「婦人公論」で連載開始

  • 早大が小保方氏に反論声明

    2015年11月04日 14:23

  • 独自性欠如が課題?レポート盗用

    2015年03月22日 21:14

関連リンク

Wikipedia

刺激惹起性多能性獲得細胞

提供:フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

刺激惹起性多能性獲得細胞[1][2](しげきじゃっきせいたのうせいかくとくさいぼう、英: Stimulus-Triggered Acquisition of Pluripotency cells[1][3])は、動物の分化した細胞に弱酸性溶液に浸すなどの外的刺激(ストレス)を与えて再び分化する能力[注 1]を獲得させたとされた細胞。その英語名から一般にはSTAP細胞(スタップさいぼう、STAP cells)と呼ばれる[注 2]。この細胞をもたらす現象をSTAP現象、STAP細胞に増殖能を持たせたものをSTAP幹細胞、胎盤形成へ寄与できるものをFI幹細胞と独自に呼んだ[7][8]。

写真ニュースまとめ一覧を見る