部屋で過ごす時間を快適に過ごすためにエアコンを使っている人も多いでしょう。暑い時期も寒い時期も活躍してくれるエアコンですが、使用する時の適正温度を知っていますか? 今回は室内で快適に過ごすためのエアコンの温度、さらにより効果を高めるためにできる工夫について紹介していきましょう。

●エアコンの適正温度は?

 当たり前のことですが、冬に使う暖房と夏に使う冷房では当然適正の温度は異なります。環境省の推奨では冬は20度、夏は28度が適正だとされていることは知られていて、この温度を目安に設定している人も多いでしょう。

 ただし、実はこの推奨温度というのはエアコンの設定温度ではなく、室温のこと。冬は室温が20度になるように、夏は室温が28度になるようにという目安の数字なのです。エアコンを28度に設定しても部屋が充分に冷えない、またはエアコンを20度に設定しても充分に暖まらない場合には、エアコンがより効くように設定温度を変えるのが正しい使い方になります。

●室温だけでなく「湿度」も大切

 人が快適かを感じるには、湿度も重要なポイントだといわれています。日本の夏は湿度が高くて不快指数が高いといわれますが、これは人間の身体が湿度が高いとより暑く、湿度が低いと寒いと感じるため。つまり、湿度をコントロールすることで同じ室温でも快適さが異なってくるのです。

 室内での適切な湿度は40〜60%とされています。40%以下では乾燥を感じたり、ウイルスが活動的になってしまいますし、60%以上ではカビやダニが発生するようになってしまいます。夏に湿度が上がりやすいので除湿を、冬は乾燥しやすいので加湿器などを活用して適切な湿度を保つようにしましょう。ただし、肌感覚で湿度を測るのは難しいので、ぜひ部屋に湿度計を設置することをオススメします。

●効果的にエアコンを使うために

 エアコンを使うときにちょっとした工夫をすると、その効果をより高めることができます。そのアイデアをいくつかご紹介しましょう。

・自動運転にする

 節約のことを考えて弱運転にしている方もいるかもしれませんが、自動運転の方がお得なのでぜひ見直してみてください。エアコンで一番電気代がかかるのは設定温度に達するまでの時間。自動運転にすれば、エアコンは部屋が設定温度になるまでは一気に運転し、設定温度に達したあとはその状態をキープしてくれます。電気代がかかる、暖めるまたは冷やす時間が短くなることで、節約にもつなげることができるのです。

・サーキュレーターと併用する

 暖かい空気は上に、冷たい空気は下に溜まりやすいので、その空気をサーキュレーターで循環させると部屋全体をより過ごしやすくしてくれる効果があります。併用する時のポイントは、エアコンの風の向きもコントロールすることです。

 暖房を使うときにはエアコンの風は下向きに、サーキュレーターはエアコンの対角の位置に置いてエアコンの方へ向けて使います。こうすると下向きに出た暖気が上にたまっていく途中で、空気をうまくかき混ぜることができるのです。逆に冷房を使うときには、エアコンの風は上向きに、サーキュレーターはエアコンの下に置いて、エアコンの風と同じ方へ向けて使います。こすうると上を伝って落ちていく冷気をうまくかき混ぜることができるのです。

 この他にも、冬は断熱効果を高めるために窓に断熱材を貼ったり、夏に西日が強い部屋では陽射しが入らないように日よけをするといった工夫も快適に過ごすのに効果的です。また、同じ室温でも人によって体感温度は異なりますので、少し寒い、少し暑いなと感じる場合には服装や身に着けるもので調整することも大切です。エアコンを上手に使って快適な生活を送れるようにしましょう。

<参考サイト>
・適正な室温とは/COOL BIZ|環境省
https://ondankataisaku.env.go.jp/coolchoice/coolbiz/article/2020_action_detail_004.html
・エアコンの設定温度がすべてじゃない!心地よい体感温度ですごす方法とは?扇風機などの家電活用術もご紹介│Panasonic
https://panasonic.jp/life/air/170075.html
・家庭用エアコンのお悩み|ダイキン
https://www.daikin-hvac-tokyo.co.jp/column/cat_column/home/