自分で決めたわけでもないのに、固有名詞として自身に一生つきまとうもの。それが名前です。自分の名前を気に入っている人も、不満のある人もいるでしょうが、多くの人が自分の名前と折り合いをつけ受け入れて、生活していることだと思います。

 しかし、自分の名前がいわゆる「キラキラネーム」だったらどうでしょうか。今回は、近年急増する「キラキラネーム」、その傾向を探ってみました。

●2016年上半期のキラキラネームランキングとは?

 「赤ちゃん名付け」というアプリ/サイトを運営するリクルーティングスタジオがこの8月に発表したキラキラネームアクセスランキングは、以下のような結果に。(2016年上半期ランキング)

1位「碧空」(あとむ、みらん、など)
2位「星凛」(きらり、あかり、など)
3位「奏夢」(りずむ、かなむ、など)
4位「輝星」(べが、だいや、など)
5位「妃」(ひな、きらり、など)

 続く6位以下も、美音、希星、陽空、心人、夢姫など、夢のある漢字で読めない字面の名前が続きます。文字だけ見ると、まるで宝塚歌劇団の芸名のような現実離れした名前ばかり。

 今回の特徴として、漢字では「星」や「空」を使ったものが多く、読みでもやはり星の輝きを表現するような「きらり」などの名前に人気が集まりました。

●通常の名付け人気ランキングはどうなっているの?

 では、キラキラネームではない、通常の2016年上半期の人気の名付けランキングはどうなのか、そちらも気になりますよね。同アプリ/サイトから、1位から5位まで以下のように発表されています。

1位「心桜」(ここあ、こころ、など)
2位「陽翔」(はると、ひなた、など)
3位「颯」(かける、そよ、など)
4位「葵」(あおい、そら、など)
5位「心陽」(ここや、こはる、など)

 こちらは、前出のキラキラネームと比べると多少おとなしめなものの、キラキラネームの範疇に入りそうな名前が多く見られます。やはり何と読むのか分かりにくいものが大半です。

 上半期ということで、春や初夏といった季節を感じさせる漢字が選ばれている傾向がありますが、それをのぞいたら、キラキラネームとどこが違うのか、と思ってしまう人も多いのではないでしょうか。

●とにかく読めない! 読み方のバリエーションが多彩に

 そしてキラキラネームもそうでないものも、同じ漢字でありながら、その読み方の違う名前がたくさんあるのが近年のひとつの特徴かもしれません。

 例えば、キラキラネーム1位の「碧空」は、みらん・あとむのほか、「あおぞら」「そら」「そらと」「りく」「あおい」「みく」など様々な読み方が。

 通常の人気ランキング1位の「心桜」にいたっては、ここあ・こころのほか、「こはる」「ここな」「ここみ」「さくら」「しおり」「しおん」「みくら」「みさ」「みさき」「みゆ」「みら」「りお」「みお」と、無限とも思われる読みがあるのです。

●「オンリーワン」願望がキラキラネームを生む?

 このようなキラキラネームが増加した背景には、親世代の趣味趣向の変化や、アニメやタレントなどに影響を受けやすい要因があるとの見方もされますが、もうひとつ、人名漢字が増えていることも大きな理由のようです。

 たとえば「葵」(あおい)という漢字は1976年に人名漢字として追加されたのですが、それ以降圧倒的な勢いで人気となり、今ではランキング入りに定着した感さえあります。また本来なら人名としてはあり得ないと思われていた「苺」(いちご)という漢字も、近年人名漢字に追加されてからすぐに使った親が多く、キラキラネームとして話題になるように。

 先ほどの、読みの多様性と合わせて考えてみると、「ほかの子とはひとあじ違う名前にしたい」「個性を出したい」「新しい名前にしたい」といった、親の心情が見えてきました。

 昔は、良家の子女に「子」のつく名前が多かったため、その憧れから女の子の名前に「○子」と「子」を付けるのが流行し、定着したといいます。しかし今は、ただ流行にのるだけではなく、その中でも自分の子どもをもう一歩目立たせたい、そんなオンリーワンな名付けが求められ、その結果キラキラネームが次々と誕生しているのかもしれませんね。


<参考サイト>
・赤ちゃん名付け
https://namae-yurai.net/main.htm