生活関連サービス大手の「美団(Meituan)」が、美容医療や医薬品購入などのサービスに続き、新たな医療・ヘルスケアブランド「百寿健康」をリリースした。このサイトは医薬品関連企業の誘致や医薬品の代理販売、医薬品展示などを網羅する総合的な医療・ヘルスケアプラットフォームとなる。

美団の医療サービス事業は、百寿健康のリリースでフルカバレッジとなった。同社は今後、アリババやテンセント(騰訊)、百度(バイドゥ)、京東(JD.com)、バイトダンス(字節跳動)など大手各社がしのぎを削る医療・ヘルスケア市場に本格参入することとなる。

デリバリーや旅行、ヘルスケアなどの事業が急成長したことを受け、美団の時価総額はこのほど3000億ドル(約31兆5000億円)を突破した。香港株式市場では1月20日時点で、アリババ傘下の医療プラットフォーム「阿里健康(アリヘルス)」の株価が10.02%、京東傘下のヘルスケア企業「京東健康(JD Health)」の株価が8.99%上昇している。ポストコロナ時代における医療・ヘルスケア関連事業は、美団の発展にとっても大きなプラスになることは間違いない。

美団の戦法

調査会社「艾媒諮詢(iiMedia Research)」によると、中国におけるモバイル医療サービスのユーザーは、2020年に延べ6億3500万人となり、「ワンヘルス」産業全体の規模が10億元(約160億円)に達したとみられる。IT大手が次々と参入する業界で、美団がどのように競争に加わるのか注目されるところだ。

百度、京東、アリババ、テンセント、バイトダンス傘下のヘルスケアブランド「小荷健康」に比べ、医療・ヘルスケア分野ではやや遅れてスタートを切った美団だが、カバー範囲をみるとまったく遜色はない。

美団は、オンライン医療・ヘルスケア事業として、美容医療の「美団医美」、医薬品購入の「美団買薬」、医療関連の「美団医療」に百寿健康を加えた。中でも、美団医美と美団買薬は医療・ヘルスヘアサービス事業の屋台骨となっている。

美団が発表した「2020年春節巣ごもり経済ビッグデータ」によると、20年の春節期間中、高血圧など慢性疾患の処方箋医薬品販売量は前年同期比で約2.5倍となった。また、美団買薬は一部医療機関との提携により、小規模なインターネット病院モデルを構築し、オンライン問診や24時間・年中無休の薬剤師による薬の使い方指導サービスを行った。

美団買薬はまた、オンラインでの医療サービスと医薬品小売販売に加え、ブランドマーケティングで事業の発展を図っている。

19年9月には、薬の購入時に0.01元(約0.16円)を払えば、かわいらしい「美団小薬箱」に入れて配達してくれるサービスを行ったところ、一夜にして爆発的な人気となり、あっという間に150万個の売り上げを記録した。消費者はこの薬箱欲しさに、美団のサイトで常備薬を購入している。

美団は美容医療でもオンライン医療サービスと同様の動きをみせている。17年には1千億元(約1兆6000億円)規模の美容医療市場に参入し、手軽な美容医療路線を打ち出し、「高頻度・低価格」モデルで美容医療市場に切り込んだ。

美団医美は現在、380都市で事業展開しており、美容医療関連の提携医療機関は1万1000施設を超え、オンライン上の取引額は21億7000万元(約350億円)に上る。美容医療プラットフォーム「新氧美容整形」を運営する「新氧科技(So Young)」の昨年上半期の売上高5億1100万元(約83億円)の4倍強に当たる。

医薬品販売と美容医療に続いて、医療サービスもリリースした。美団医療は地元医療機関と提携し、オンラインでの薬の購入と診察予約など地元での生活に焦点を当てたサービスを提供している。歯科受診や健康診断がメインとなるが、このほど新型コロナウイルスのPCR検査も予約可能となった。

美団医療は地元医療機関とユーザーの架け橋として機能しており、ユーザーがオフラインでの医療サービスを探すことをサポートする一方、地元医療機関にはオンライン上でのアクセスや集客ルートを提供している。

美団のオンライン医療・ヘルスケアサービスは、以上のようなサブブランド事業で構成されている。美団は業界の新規参入者として、先を行く京東、テンセント、アリババ、百度、バイトダンスに衝撃を与えることになるだろう。
(翻訳:lumu)

■ より多くの中国テックトレンド、業界分析、スタートアップ情報について、有料コンテンツサービス「CONNECTO(コネクト)」にてご提供いたします。