自動運転技術を手掛ける中国のユニコーン企業「モメンタ(Momenta)」は、シリーズCで5億ドル(約544億円)を調達した。本シリーズは「SAIC(上海汽車集団)」、トヨタ、独自動車部品メーカー「ボッシュ(Bosch)」、シンガポール政府系投資会社テマセク、ジャック・マーが創設した「雲鋒基金(YF Capital)」がリードしたほか、メルセデス・ベンツ、「紀源資本(GGVキャピタル)」、「順為資本(Shunwei Capital)」、テンセント、「凱輝基金(Cathay Capital)」なども加わった。

モメンタは今回の資金調達により、データ駆動型の量産向け自動運転技術「飛輪(Momenta Self Driving)」を中心に、自動運転技術の実用化を推進していく。

また、ドイツと日本にオフィスを設置し、海外事業をさらに拡大していくという。