中国の大手動画ストリーミングサービス「愛奇芸(iQiyi)」は、シンガポールを拠点とする「長信文化伝媒控股集団(G.H.Y Culture & Media Holding)」(以下、G.H.Y)と戦略的パートナーシップを締結し、東南アジアにおける芸能事務所を設立すると発表した。

東南アジア市場で中国のオーディション番組の人気が高まっていることから、愛奇芸とG.H.Yは現地の有望な新人を育成するために、東南アジアでのオーディション番組の準備を開始した。 この番組は、シンガポール、マレーシア、タイ、インドネシア、フィリピンなどのスターを夢見る若者たちにデビューの機会を提供するものだ。 なお、この番組は愛奇芸国際版サイト「IQ.com」で独占放送されるとのこと。

愛奇芸は昨年、元BBCスタジオズ高級副総裁兼ゼネラルマネジャーの游达仁(Kelvin Yau)氏を海外事業部の副社長兼タイ地域ジェネラルマネージャーに抜擢。また元Netflixの副総裁でアジア太平洋地域の役員ゼネラルマネジャーの郭又銓(Kuek Yu-Chuang)氏が海外事業を統括する副総裁に就任したほか、その後も次々と海外経験豊富な経営層にフィリピン、マレーシア、シンガポール、インドネシア等の地域開拓を任せるなど、ここ一年ほどで愛奇芸の動きは目に見えて活発化している。