物流倉庫の高速立体仕分け、保管システムの開発を手掛けるスタートアップ「慧倉科技(HC ROBOTICS)」がこのほどマトリックス・パートナーズ・チャイナ(経緯中国)からシリーズA+で1億元(約16億円)近くを調達した。財務アドバイザーは「勢能資本(Scheme Capital)」が単独で務めた。

慧倉科技の創始者でCEOの朱俊達氏は「今回の資金調達の目的は会社の規模拡大および自動保管、仕分けを行う設備の量産」と語っている。前回はシリーズAで「グローバル・ロジスティック・プロパティーズ(普洛斯)」傘下の「隠山資本(Hidden Hill Capital)」から資金調達していた。

EC、物流など川下産業の爆発的増加と土地や人件費の高騰を受けて、早期に自動化設備を導入し、空間をより効率的に利用することが倉庫業界にとって急務となっている。

慧倉科技は2016年に設立。主要な製品に自動仕分けシステムの「閃電播(OmniSort)」、自動保管システムの「摩天輪(OmniStorage Pro)」「迷你庫(OmniStorage Mini)」がある。

「閃電播」は、複数のロボットが品物を指定の棚へ高速かつ的確に運ぶモジュール化されたシステムで、大量搬送も単体搬送も可能。自動スキャニングシステムやピッキングシステムと接続もできる。EC事業者の仕分け、返品処理、オーダー品の振り分けや店舗への分配作業などのシーンで利用できる。作業効率は手動の5倍以上になるという。

「摩天輪」は大容量、高密度の自動保管システムで、荷役作業を高速稼働するロボットが担う。EC事業者の倉庫、配送センターなどでのオーダーピッキングや、医薬品の流通や製造業などのスマート化された製造現場における材料保存などのシーンでも利用できる。

「迷你庫」は設置して即使用できる小型の立体保管システムでモジュール化されている。コンテナ搬送に合わせた大きさで、従来現場で負担となっていた組み立て作業の手間を省ける。その上、高密度の保管・取扱量を有し、メーカーの一時保管庫や前置倉庫での利用に適する。

慧倉科技は現在、中国宅配大手の「SFエクスプレス(順豊速運)」、EC大手の「京東集団(JD.com)」などを顧客に持つ。日本ではすでに三菱商事と提携を開始している。

配達やEC倉庫内の仕分け作業などは自動化が求められる。また、保管業務は生産、流通、エンドユーザーなどすべてに関連し、市場拡大の余地は大きい。朱氏は「倉庫の自動化はコスト削減が目的。設備の量産が進むにつれて、生産コストの削減がさらに望める」と話す。

同社提供のデータによると、2020年の売上高はすでに1000万元(約1億6000万円)規模に達している。今年は1億元を超す受注を見込んでおり、成長の転換期と予想している。

今回の出資者マトリックス・パートナーズ・チャイナのパートナー万浩基氏は、「慧倉科技はスマート倉庫の分野で新時代の製品を生み出し、新しい倉庫業務の形を提案している。中長期的に、同社は以下二つを軸に成長していくだろう。一つは中国国内の物流、ファッション業界が高速かつ柔軟な仕分け業務を行えるよう技術を提供すること、そしてもう一つは日本、韓国、米国などへの海外進出だ」と語った。
(翻訳:Qiunai)