ショート動画プラットフォームの「抖音(Douyin、海外版は「TikTok」)」が4月26日、シェイク機能「抖一抖」をローンチした。テンセント(騰訊)のチャットアプリ「WeChat(微信)」の「揺一揺」と似ており、知らない人とのマッチングを売りとしている。

この機能により、抖音アプリを開いて携帯電話を振ると、近くにいる新しい友達を見つけられるのと同時に、「抖一抖で新しい友達を探そう」キャンペーンに参加し、クーポンなどの特典を受けとることもできる。

抖一抖は、抖音がローンチした初の位置情報に基づいたソーシャル機能で、マッチング分野における新たな模索でもある。