男性専用の総合スキンケアブランド「理然(MAKE ESSENSE)」が、シリーズB+で約3億元(約50億円)を調達した。リードインベスターは米「Tiger Global」、コ・インベスターは既存株主の「五源資本(5Y Capital、旧名『晨興資本』)」「紅点中国(Redpoint China Ventures)」「SIG(海納亜洲創投基金)」。このほか、戦略投資家として中国動画配信大手のBilibili(ビリビリ動画)も出資に加わった。

MAKE ESSENSEが資金を調達するのは2020年1月に製品をローンチして以来、6度目となる。フェイスケア、ボディウォッシュ、シェービング、フレグランス、メイクなどの製品ラインがあり、2020年の全チャネルGMV(流通取引総額)は約2億元(約33億円)だった。