オンラインの子ども向けに音楽教育「vipSing」を運営する「上海言津信息科技」が、シリーズAで数千万元(数億円)を調達した。リード・インベスターは「順為資本(Shunwei Capital)」、コ・インベスターは「声網(Agora)」。同社は昨年6月にエンジェルラウンドで約1000万元(約1億6000万円)を調達している。2019年6月に設立された上海言津信息科技は、3〜12歳を対象にオンラインで音楽による啓蒙教育を提供している。同ブランドのカリキュラムは講師が実施するライブ授業とAIコースを組み合わせて展開する方式で、学習効率と効果を大幅に向上させている。