関係者によると、自動運転向けAIチップを研究開発する中国のスタートアップ「地平線機器人(Horizon Robotics、ホライズン・ロボティクス)」(以下「地平線」)が米国での新規株式公開(IPO)を検討しており、調達規模は10億ドル(約1090億円)に達する可能性があるという。

北京に本社を置く地平線は、インテルの投資部門「インテル・キャピタル(Intel Capital)」、アジア最大のプライベートエクイティ(PE)ファンド「高瓴資本(Hillhouse Capital)」、アリババ創業者ジャック・マー(馬雲)氏が設立した「雲鋒基金(YF Capital)」の支援を受けている。関係者の話では、地平線はIPO支援機関と共に株式発行に向け準備を行っており、早ければ今年年末にも上場する可能性があるとのことだ。