LiDARメーカーの「禾賽科技(Hesai Photonics Technology)」は6月8日、シリーズDで3億ドル(約327億円)以上を調達したと発表した。リードインベスターは「高瓴創投(GL Ventures)」、シャオミグループ(小米集団)、生活関連サービス大手「美団(Meituan)」、「中信産業基金(CITIC Private Equity Funds Management;CPE​)」など。また、「華泰証券(Huatai Securities)」傘下のドル建てファンド、および既存株主である「光速中国(Lightspeed China Partners)」、米「Lightspeed Venture Capital」、「啓明創投(Qiming Venture Partners)」なども出資した。

今回調達した資金は、ハイブリッドソリッドステート式LiDARの量産および納入(すでに多数のOEMで採用されている)、スマート製造センターの建設、自動車用高性能LiDARチップの研究開発などに充てられるとのこと。