【新華社北京6月23日】中国の自動車市場は1〜5月も急成長を維持し、中でも新エネルギー車(NEV)の販売が好調だった。中国汽車工業協会(CAAM)によると、1〜5月の新車販売台数は前年同期比36.6%増、2019年同期比5.9%増の1087万5000台。うち、NEVは95万台で、前年同期比3.2倍、19年同期比94.2%増となった。

5月の新車販売台数は212万8000台で、前年同月比では3.1%の小幅減だったが、19年同月比では11.1%増えた。うち、NEVは前年同月比2.6倍、19年同月比91.7%増の21万7000台だった。

中古車取引も活況を維持した。中国汽車流通協会(CADA)によると、1〜5月の中古車取引台数は前年同期比60.9%増、19年同期比22.9%増の690万7000台。5月は前年同月比24.7%増、19年同月比25.9%増の146万2000台だった。

廃車の回収・解体台数も緩やかに増えた。商務部によると、1〜5月の廃棄車両(自動車や二輪車などエンジン付き車両)の回収台数は前年同期比48.4%増、19年同期比20.2%増の105万5000台。5月は前年同月比21.4%増、19年同月比17.8%増の23万8000台だった。