アリババグループは、「アリババグループ共同富裕推進のための10大行動(阿里巴巴助力共同富裕十大行動)」を始動させた。2025年までに1000億元(約1兆7000億円)を拠出し、中国政府が提唱する「共同富裕」の実現に向けて協力するという。またこの「10大行動」の実行を促進するため、アリババは常設の専門機関を設立する方針とのこと。

この「10大行動」は、科学技術のイノベーション、経済発展、質が高い雇用の創出、社会的弱者への配慮、共同富裕発展基金の設立という、5つの分野に焦点を当てたものだ。

中国共産党指導部は、直近の中央財経委員会会議で「共同富裕」の問題を取り上げ、今後200年のうちに中国における共同富裕を実現させるということを呼び掛けた。この議題が示されるとすぐに、広く世間の関心を集めることとなり、産業界からも反応があった。