中華全国工商業聯合会(ACFIC)が10月11日、広東省広州市で、「2021年民間企業の研究開発投資額トップ500」を発表した。上位1〜5位は以下の通り。

1位:華為投資控股有限公司(Huawei Investment & Holding Co., Ltd.)

2位:阿里巴巴(中国)有限公司(Alibaba(China) Co., Ltd.)

3位:騰訊控股有限公司(Tencent Holdings Ltd.)

4位:浙江吉利控股集団(Zhejiang Geely Group Holding Co., Ltd.)

5位:百度公司(Baidu, Inc.)

順位は前年度の研究開発投資額を基準にしており、最低ラインは2億3700万元(約42億円)。500社の研究開発投資総額は7429億元(約13兆2032億円)で、そのうちファーウェイ(華為技術)の持ち株会社で、ランキング1位だった華為投資控股の投資額は1419億元(約2兆5219億円)だった。