中国新興EVメーカー「NIO(蔚来汽車)」がOEM先の「江淮汽車(JAC)」と安徽省合肥市に共同で建設した工場「江淮蔚来先進生産基地」の生産ラインは段階的なアップグレードを完了し、新しいモデルの導入と生産能力の増強をめざし、さらなる準備を進めている。計画によれば、生産ラインの全体的なアップグレードは2022年前半の完了を予定している。

NIOによると、今回のアップグレードはEVセダン「ET7」など新モデルの生産のためであり、年間生産能力を現在の12万台から完成車・部品込みで24万台へ引き上げるという。時間外労働や交代勤務の組数を増やすことで、年間生産能力を30万台まで増やすことも可能とのこと。