【新華社上海6月12日】中国上海市通信管理局は、同市の第5世代移動通信システム(5G)基地局の数が4月時点で5万1716カ所になったと明らかにした。

同管理局が10日発表したデータによると、上海ではここ数年、5G基地局の年間増加率が65%を超えている。4月時点の基地局密度は1平方キロ当たり8.2カ所だった。

5Gモバイルユーザーがモバイルユーザー全体に占める割合は21.3%となり、4Gから5Gへの移行が進んだ。5Gモバイルインターネットユーザーの通信量もモバイルインターネット全体に占める割合が3割を超えた。(記者/陳愛平)