中国車載電池大手「寧徳時代(CATL)」が6月23日、第3世代CTP(Cell to Pack)バッテリー「麒麟電池(Kirin battery)」を発表した。発売は2023年を予定しているという。

同バッテリーのシステム統合効率は世界最高で、体積利用率は72%を超え、エネルギー密度は255Wh/kg、航続距離は1000kmとなっている。 大面積冷却技術を採用したことで、ホットスタートは5分、急速充電は10分で可能となった。

化学システムとサイズが同じバッテリーパックと比較した場合、新型バッテリーセル「4680」よりも13%高い電力量を供給できる上、航続距離、急速充電性能、安全性、寿命、効率および低温性能が向上している。

(36Kr Japan編集部)