9月10日、北京市の自動運転有人テスト開始式が、バイドゥの自動運転テスト拠点「Apollo Park」で行われた。バイドゥのApolloプロジェクトは北京で自動運転タクシーサービス「Apollo Go」を正式にリリースすると発表した。北京のユーザーは地図アプリ「百度地図」やApollo公式サイトで予約してロボタクシーを体験することができる。今回、北京市が開放した自動運転有人テストエリアは全長約700キロで、亦荘、海淀、順義の生活圏や商業圏が含まれ、約100カ所の乗り場がある。中国全土で最も広く、走行距離は最も長いテストエリアとなる。