中国を代表する高級白酒「茅台(マオタイ)酒」の製造・販売を手がける「貴州茅台集団(Kweichow Moutai Group)」が、機関投資家に向け150億元(約2300億円)を上限に社債を発行する計画だという。債券の発行理由について同社は、「貴州高速道路集団(Guizhou Expressway Group)」の株式購入、有利子負債の返済、運転資金などに充てるとしている。

貴州茅台集団が社債を発行するのは今回が初めて。同社の売上高は、2017年は662億5000万元(約1兆円)、2018年は869億7000万元(約1兆3400億円)、2019年は1003億1000万元(約1兆5500億円)、2020年上半期は528億7000万元(約8100億円)で、純利益は同順に308億6000万元(約4800億円)、401億8000万元(約6200億円)、471億9000万元(約7300億円)、259億3000万元(約4000億円)だった。