9月26日から開催されている「北京モーターショー2020」で、ファーウェイ(華為技術)がスマートコックピットソリューションをリリースした。

このソリューションには、独自OS「Harmony(鴻蒙)」の車載OSソフトウェア、Harmony自動車エコロジカル、スマートハードウェアの3つのプラットフォームが含まれる。ソフトウェアとハ​​ードウェア、およびソフトウェアとアプリケーションを切り離すことにより、研究開発サイクルやコストを圧縮し、新技術や新機能をいち早く車に搭載できるようにすることができる。