「お金が貯まらない」「貯金をしたいのにできない」という方は共通して、似たようなものを多く所持していることが多いです。
今回は、お金を貯めたい人がまず手放すべきものを3つ教えてもらいました。

<教えてくれた人>マッシュさん…「節約×時短家事」で家族も自分も幸せになる!ズボラ主婦でもできる!節約術や時短家事を紹介する主婦。

手放すべきモノ1.大量のポイントカード

ポイントカードは、上手に使うとさまざまな恩恵を受けることができます。
しかし、お得だからと言ってたくさん作りすぎていませんか?

例えばドラッグストアのポイントカード。
私の場合は、4店舗ものポイントカードを作っていました。
その結果、どのポイントカードも中途半端なポイントのまま…

ポイントカードを1枚に集約するために、行きつけのドラッグストアを1店舗に決めて、それ以外のポイントカードを捨てることにしました。
1枚に集約することでポイントもまとまって、管理がしやすくなります。

さらにレストランのポイントカードなども危険!
有効期限が迫ってるから、あとちょっとでポイントが貯まるから、という理由でレストランに行くと浪費になってしまいます。
無駄遣いを防ぐために、レストランのポイントカードはすべて捨てることにしました。
そうすることで外食にかかる浪費も減りました。

手放すべきモノ2.使っていないクレジットカード

銀行やデパート、自動車を買うときなど、クレジットカードを勧められる場面は意外とたくさんありますよね?

「クレカをつくって損はないしな〜」
そう思って、大量につくっていませんか?

これも要注意!クレカに頼りすぎると「このカードは上限までいったから次のカードを使おう」という負のループに陥ることも…!実際に私はこの罠に落ちたことがあります。

また、年会費がかかるカードを所有していると、使っていなくても年会費を支払わなければいけません。これもかなりの無駄遣い。

お金を貯めたい人は、クレジットカードも早急に見直すべきです。

手放すべきモノ3.大きすぎる財布

個人的に一番効果があったと思うのが、大きすぎる財布を手放したこと。

超浪費家時代は、見栄を張ってブランドの長財布を使っていました。長財布のほうがお金が貯まると聞いたことがあるけれど、私の場合はたくさん入るからといってポイントカードやらクーポン券だらけでお金が貯まるどころか、「汚財布」となっていました。

汚財布から卒業するために、コンパクト財布にしました。

これが大正解!あまり入らないからこそ、財布の中身を厳選することができて結果的にはスッキリとした財布にすることができました。

以前よりもレシートを頻繁に取り出す癖がついたので、支出もその都度確認できるようになりました。

思い切って手放すことが貯金への第一歩となる

今回は、超浪費家だった私の実体験をもとに「お金を貯めたい人がまずはじめに手放すべきモノBEST3」を紹介しました。

ほかにも手放したモノはたくさんあります。しかし、今回BEST3に選んだモノは多くの方が何気なく持っているモノ、かつ私が手放して効果大と思ったモノたちです。

私はこれらを手放すことで、どんどん節約体質になれました。何から手放していいかわからない方は、まずはこの3つを見直してみませんか?


※ご紹介した内容は個人の感想です。
構成/サンキュ!編集部