この冬は「冬らしくない」と感じている方も多いことでしょう。成人の日や大学入試センター試験を迎える1月は、例年だと度々強い寒気に見舞われ、大雪や寒さが話題になる頃ですが、この冬は「暖冬」や「雪不足」が話題の中心です。(気象予報士=中川裕美子)

 ▽スキー場、観光地に深刻な影響

 1月17日現在の積雪の深さは、平年の50%以下にとどまっている所が多く、10%に届いていない所もあります。平年では1メートルを超す積雪となる新潟県十日町市は0センチ、北陸3県や近畿地方では全アメダスで0センチです(積雪は17日午前9時の値)。

 スキー場では雪不足が深刻です。極端に雪が少ないことから、オープンできない所や一部滑走となっている所があります。  札幌市では白旗山距離競技場で6〜8日に予定されていたスキーの国際大会が中止となりました。白旗山では例年、1月には少なくとも30センチの積雪があるのに、今冬はところどころで雪がめくれて土がのぞくため、コース設営ができなかったためといいます。

 樹氷で知られる山形市の蔵王では、昨年12月のスキー客は前年同月比マイナス1万人となったそうです。岐阜県の白川郷では異例の「雪のないライトアップ」が始まり、冬の豪雪地帯とは思えない光景が広がっています。

 ▽東京、金沢、京都などで「冬日」未観測

 また、強く冷たい季節風が吹きつける日は少なく、厳しい寒さの日があっても一時的です。東京都心では1月16日までに初氷が観測されておらず、統計開始以来、最も遅い記録である1月13日を過ぎています。東京都心や金沢市、京都市など、東日本や西日本では最低気温が0度未満の「冬日」がいまだ観測されていない所が多くあります。1年の中でも寒さが厳しい頃である寒中を迎えても「冬将軍」はなかなか姿を見せません。

 ▽まとまった積雪、期待できず

 今夜からあす18日にかけては南岸低気圧の影響を受けるものの、雨や雪が降るのは太平洋沿岸部が中心です。岐阜県の山間部や長野県も雪雲はほとんどかからず、雪が降ったとしても、あまり積もらないでしょう。

 ただ大学入試センター試験初日の18日は、関東の山沿いを中心に雪が降り、静岡県や山梨県では大雪となる所もあることから、この地域の受験生のみなさんは注意が必要です。

 来週20日の「大寒」には、一時的に冬型の気圧配置となるため、北陸や岐阜県の山間部、長野県、関東北部、東北から北海道の日本海側で雪が降る見込みです。ただ、寒気は一時的で、雪不足をすぐに解消するほどの、まとまった積雪は期待できないでしょう。

 さらに、16日発表の1カ月予報によると、この先も日本付近には寒気が南下しにくく、日本海側の降雪量は平年より少ない見込みです。全国的に暖冬傾向が続くでしょう。多くのスキー場がオープン延期や一部滑走となっている北陸周辺では、山間部でも雪ではなく雨の降る日があり、雪が積もっても解けてしまうことがありそうです。「統計開始以来、初めて冬日の観測がない」という地点がでてくるかもしれません。

 この冬は雪も気温も「記録的」となる可能性が高く、雪の少ない景色が記憶にも残る冬となりそうです。