◆MG GOLEM

機能性的側面と、都会的な洗練されたデザインを併せ持つ先進性で脚光を浴びている「MGシリーズ」。クリムソンが手掛けるオフロードボトムブランドとして、これまでも個性的なホイールを揃えてきた。
そして2021年、MGシリーズに待望の第6番目のモデル「GOLEM(ゴーレム)」が加わった!

ブラック×マシニングリップ

マットブラック

圧倒的に深いコンケイブデザイン、先端で分かれる力強いツイン6スポークを採用した(ジムニー&シエラ用のみツイン5スポーク)ニューフェイスだ。また、MGシリーズ初のオープンナットフェイスを採用したモデルであること、シャープなビードリングテイストにマシニングされたリムによるディスク面の立体感など、迫力の足もとを演出する。
このアピアランスにしてアルミホイールとして性能も高いという。その秘密は製法にある。長らく海外ラリーなどのオフロードレースをサポートしてきたMGシリーズらしく、鋳造ホイールながら鍛造ホイールに匹敵するパフォーマンスを実現する〝フローフォーミング製法〟によって、高剛性と軽量化、高い強度をも実現している。

迫力のコンケイブや力強いスポークデザインを実現しているが、フローフォーミング製法の効果もあってか、スポーク自体は極限まで肉薄。ホイールの裏も可能な限り肉が削ぎ落してあり、重量にもしっかりと配慮。

ブラック×マシニングリップのリムフランジ表面は、ポリッシュ加工されているが、一般的な輝きよりさらに一段階高いハイポリッシュ仕上げ。この輝きでビードリングのような印象を強調。一方のマットブラックカラーはとにかく精悍な印象だ。

フェイスデザインは2バリエーションを用意。ツイン6スポークをベースに、ジムニー用サイズ(16×5.5J)、シエラ用サイズ(16×6.0J)にのみツイン5スポークを採用。

※フローフォーミング製法とは?
鋳造したアルミ素材を回転させながら、ローラーで熱間鍛圧(スピニング)加工を行ない、リム部の板厚形状を完成品と同等まで成形する製法。リムを引き伸ばして肉薄化することで、鍛造製法特有の金属結晶組織であるメタルフロー(鍛流線)を、鋳造製法でも生み出すことが可能となり、鋳造製法でありながら鍛造製法と同等の剛性や伸び等の強度性能を実現。また、リムを引き伸ばして肉薄化することで、軽量化をも実現できる革新的鋳造製法なのだ。

MG GOLEM

●カラー:マットブラック、ブラック×マシニングリップ ●仕様:鋳造1ピース(フローフォーミング製法) 
●適合:JWL/JWL-T規格適合 ※5H-114.3(17×7.0J)&5H-139.7&6H-139.7=JWL&JWL-T規格適合
 ※それ以外はJWL規格
●付属品:センターキャップ、オーナーメントエンブレム、エアバルブ
  • CRIMSON
  • 06-6180-1511
  • https://www.crimson-inc.co.jp
 

The post 「CRIMSON」フローフォーミング製法で高剛性と軽量化を両立したMG第6の最新ホイール「MG GOLEM」 appeared first on LETS GO 4WD WEB.