ランドクルーザーが100系から200系にスイッチした頃、もともと〝4WDドレスアッパー〟として名を馳せていたエルフォードは一気に「ランクルカスタムと言えばエルフォード」という図式を築きいた。200系では前・中・後期の全モデルにエアロパーツを用意してどれもがヒット。そしてランクルは新型にシフト。どのように対応するのだろうか?
エルフォードとしては当然パーツ開発には着手するが『現時点ではどんなスタイルにするかの明言は避ける』という。ならば最新の150プラドカスタムから予想すべく、そのスタイルをおさらいしてみた。結果エルフォードでは、フルバンパーからハーフスポイラー、アドオンエアロ、オフロードテイストまでさまざまなパーツとスタイルを披露してきたことが分かった。
中でも特に現在注力しているのが、エルフォード流ネオ・オフローダーをテーマとした〝エクストリーム・プラド〟だ。もちろん単なるオフロードスタイルではなく、スポーティな雰囲気を漂わせる新しいリフトアップスタイルと評することができるもの。
その内容は、フロントに鎮座するタフな見た目のプロテクターランプステーをメインに、タテスロットのグリルに変更したバーチカルグリル、純正オプションのヒッチレシーバーを追加した際にリヤビューをオーバーライダー風に彩るバランスパネルなどでセットアップ。さらにルーフ先端には、新基軸のLEDランプをルーフライトパネルにスッキリとマウント。LEDランプを作業灯として使いたいが、どのように装着するか悩んでいるオーナーには絶対オススメだ。
ちなみに車高アップ量は40㎜だが、それ以上にハイトがあるように思えてしまうのは、地面とのクリアランスで錯覚を起こさせるステルスサイドステップや、足もとに17×8.0J±0というワンサイズ限定のブラッドストック1ピース2を履いているから。
ドレスアッパー・エルフォードのアクティブスタイルは、今まさに極まっている。

バンパーガードとランプステーを融合したバンパープロテクター。最大200φまでの大型アシストランプの装着が可能。本体は76.3φスチール製パイプ(粉体塗装仕上げ)で、そこに4点の固定ポイントを設け、走行中もぶれることなくしっかりとマウントできる。ステンレス製のスキッドプレートは標準装備。
ブラッドストックの1ピースモデルをベースに、より強靭により明快に、ワンサイズ17×8.0J±0限定のエヴォリューションホイールがこの「ブラッドストック・ワンピース2」だ。ターゲットはランドクルーザープラドやFJクルーザー、ハイラックスのオーバーフェンダー装着車。それに特化した専用サイズとすることで、ナットホール部に圧倒的な深みが与えられている。またセンターキャップも専用タイプを採用。なお、3次元加工による異形穴や窓開口部の縁部分のミーリング(切削)加工といったブラッドストック・ワンピースのDNAは継承されている。
また、20㎜ワイドのエルフォード・オーバーフェンダーをセットすることで、LT285/70R17サイズのタイヤをカバー。海外専売サイズのオールテレーンFALKEN WILDPEAK A/T3Wをインストールしている。
3連ルーバーデザインを左右に配したプラド専用設計の軽量エアロボンネット。ちなみにダクトはダミーではなく、リアルダクト仕様で走行風を積極的に捉えて、吸入効率を高めるスポーティなスペックを誇る。もちろん水対策も万全。ボンネット裏に分割式レインプロテクターパネルを装備し、エンジンに雨水が掛からないように配慮している。
ゴム製ジャバラパイプや樹脂製インテークパイプより吸入抵抗の少ないサウンドチャンバーパイプへ交換。エルフォードマフラーとの同時装着が可能で、若干物足りない感のある2.7ℓガソリンエンジンのレスポンスを飛躍的に向上させる。
アクティブ派オーナーのマスト装備となっているトヨタ純正ヒッチレシーバー(牽引やキャリングギアの搭載に役立つ)。取付け時には純正バンパーに切り欠き加工を施す必要があるが、これを大型パネルでしっかりとカバー。むしろオーバーライダー風デザインにより、リアビューに新しいテイストを加えられる。

ELFORD ステルスサイドステップ

150プラド専用に開発された新機軸のステルスサイドステップ。50㎜という薄型・オーバル(楕円)形状とすることで、アップスタイルに重要な路面とのクリアランスを大きく見せるデザインを採用。特に真横から見ると目立ちにくいため“ステルス”の名称を与えた。
その効果からドレスアップ重視のサイドステップと思ってしまうが、オーバル形状と滑り止め加工によって、むしろ足が掛けやすい実用性に優れたアイテムだ。●50㎜×90㎜スチールパイプ紛体塗装仕上 ●滑り止めラバー付属

ELFORD ルーフライトマウントパネル

ルーフに10インチのLEDバーランプをマウントさせる専用パネル。ルーフラックを使わずともバーランプをスマートに装着できるアイテムで、立体駐車場の利用や重量増加、重心アップなどのネガティブな要素を払拭。海外のオフロードマシンで静かにブームを巻き起こしているルーフランプスタイルで、150プラド・全世代に対応。下に記載した理由から、オリジナルのLEDランプとのセット購入を推奨したい。

専用スイッチにより、ハイライトモードとディライトモードの2モードに明度を変更できる。ディライトモードは走行中のランプ点灯も可能で、周囲の車両への視認性アピールにもなる。一方ハイライトモードは、キャンプなどアクティビティの作業灯としても最適。

ディライトモード

ハイライトモード

 
●ルーフライトマウントパネル(前・中・後期対応)※ムーンルーフ車にも対応
〇FRP製ゲルコート仕上げ 〇本体・上面パネル2ピース構成
オリジナル10インチLEDバーライト(2基)セットのほかにランプ無し本体のみも設定。
  • エルフォード
  • 048-966-3551
  • https://www.elford.co.jp

The post 【ELFORD】シンプルに力強いスタイルで魅せるエッジ際立つ〝エクストリーム・プラド〟 appeared first on LETS GO 4WD WEB.