◆gramLIGHTS 57XR-X

鋳造製法の限界を攻める最先端のホイール理論により〝軽量・高剛性・高強度〟というアルミホイールに求められるパフォーマンスとそこで表現した斬新なデザインを、本気のユーザーに送り出してきたRAYSのスポーツブランド「gramLIGHTS(グラム ライツ)」。
そのグラムライツの中でも特に先鋭化されているのが、国内外のドリフトシーンで支持を集める〝Rライン〟ホイールだ。その第3弾、細身2×6スポークの『57XR』をベースに、オフロードタイヤを装着するカスタムに対応できるL.P.S(ラージP.C.D.)モデルへ最適化したのがこの『57XR-X』だ。

ダークブロンズ

ブラックグラファイト

基となる57XRの持つフランジを突き抜けるように伸ばし切ったスポーク、スポークサイドに施したエンボスロゴ、大きくコンケイブさせたスポークといった特徴はそのままに、グラムライツ独自のリムデザインとなるスピードブリックリム タイプ1を採用。これは従来のオフロードホイールのアイコンでもあるリム部のゴツゴツ感をグラムライツ流に翻訳して、スポーツテイストへ昇華させたもの。
また、低圧走行時に起こりうるタイヤとホイールのズレを抑制するローレット加工も施すなど、極限の走りにも対応する。

エンボス風の仕上がりのロゴを採用。RAYS独自の特許技術「A.M.T.」によるマシニングロゴを、あえてホイールを塗装する前にスポークサイドに刻み込むことで、鋳出しでは実現不可能な個性を主張する意匠とした。
細身ながら大きくコンケイブさせた2×6スポークタイプの57XR-X。このスポークを、厚みを持たせたリムフランジの先まで伸ばすことで、力強さと足長感を両立。またスポークとリムフランジの重なりで立体感を強調。これは57XR-Xから踏襲されているパートだ。
オフロードホイールのリムのタフさを、グラムライツ流のスポーツテイストで解釈したリムデザインを採用。既存の4WDホイールの外周まわりは、ゴツゴツしたようなアイコン的なデザインで仕立てられているが、グラムライツでは逆説的に駄肉を取る処理を行なった。これが不思議と貧弱ではなくむしろ力強さに昇華。それはタテカベ・ウエル部ともに凹ませることで、煉瓦(ブリック)を外した跡のように見える独特な形状としているからにほかならない。なお、57XR-Xの仕立ては、フランジ部でスポークが完結しているデザインを持つ「タイプ1」と呼ばれる。
カラーはダークブロンズとブラックグラファイトの2色設定。スポーツホイールであるため、基本的にはセンターキャップは未装着だが、別売のオプションキャップの装着は可能。
  • RAYS
  • 06-6787-0019
  • https://www.rayswheels.co.jp

The post 【RAYS】オーセンティックでスポーティな細身2×6スポーク「gramLIGHTS 57XR-X」 appeared first on LETS GO 4WD WEB.