ラングラーなどの米国車だけにとどまらず、欧州や日本では販売されていない国産メーカーのクルマまでを販売するのが愛知県のライオンハートだ。
ライオンハートといえばラグジュアリーカスタム。そんな代名詞が付くほどに同社のラグジー系カスタムは群を抜いている。とくにSUV系のラグジュアリーカスタムは創業当時から同社が得意とし、その顧客は日本中にいるほど。そこまでにライオンハートの名前を押し上げたのは何と言ってもカスタムのセンスだろう。例えばラングラー。オフローダーならではのスタイルを高めつつも、街中でも映える車高と車幅を追求。さらに本場アメリカのトレンドなどもいち早く抑えて取り入れながらオリジナルパーツを使用することで、普段使いでの乗りやすさと個性をミックスしているのだ。
 なおライオンハートでは国内外のさまざまなクルマをコンプリートカーとして販売するのはもちろん、輸入車全般を網羅するメンテナンスも行なっているほか、カスタム車両の高いリセールバリューで買い替えの相談にも乗ってくれる。最近ではラングラーと双璧をなすオフローダー、ランドローバー・ディフェンダーも取り扱うなど欧州車にも積極的に取り組んでいる。人と違うラグジュアリーを求めるならばライオンハートがベストだ。

オリジナルを損なわずアップグレードできる

 高級装備がついた人気グレードのサハラをベースに高級感とオフロード感をプラスしたのがライオンハートがプロデュースする「オフロードカスタムPKG」だ。車高はラフカントリーのキットで2.5インチアップ。リフトアップ感を出しながらも日常での乗降性も損なわない車高だ。しかしこのクルマでは数字以上に車高が高く見える。その秘密はフェアリーデザイン製のフェンダー。極限まで薄くしたフラットデザインにより車高が高く見えるのだ。さらに車幅も40㎜アップとなっており車高とマッチした車幅となっている。この幅に合わせてSKY OFFROAD WHEELをチョイス。リムまで伸びだストレートスポークによりワンサイズ大きく見せることでサイドビューでもオフロード感を高めている。バンパーとサイドステップはアメリカでも人気の高いスミッティビルトにスワップし、ラングラーをよりワイルドに魅せている。

フェアリーデザインのフェンダーにはJLラングラーのアイコンとなるフェンダーウインカーを採用。デイライトのほかシーケンシャルで自車をアピール。また、昼間でも視認性の高い照度を確保しつつ光の見せ方まで計算して設計されており、上質なライティングは見るものを惹きつける美しさがある。
 
スーパースポーツのデザインも手掛ける「SKY OFFROAD WHEEL」を採用。17インチながらリムまで伸びたスポークによりワンサイズ大きく見せる視覚効果もある。またフランジのマシニングで高級感もある。
サスペンションはラフカントリー製の2.5インチアップキットに変更。乗降性を確保しつつも車高もアップ。40㎜ワイドとなるフェンダーにもマッチした車高となる。
純正のプラスチッキーなサイドステップはバンパーと合わせてスミッティビルト製に交換。スチールの太いパイプデザインでワイルドさをアップ。見た目だけでなくステップとしての実用性や、オフローディングでボディを守るガードとしての機能もある本物のパーツだ。
 
前後バンパーはスミッティビルト製に変更。ロック走行でも使用できるほどの強度を確保しつつダメージプロティションプレートも装備されたGEN2だ。またコーナーセンサーも移植されており街中での駐車時でも安心だ。

上質なデザインで魅せるスタイルに

 このフェンダーをデザインしたのはフェアリーデザイン。ポルシェなど高級車のアフターパーツデザインを手掛ける会社だ。極限まで薄くしたフラットデザインと上部のエアアウトレットはこれまでにはないスポーティーさと上質さを備えている。またフラットにすることでタイヤのトップまで見えることで実際のリフトアップ量よりも車高が上がっているように見えるのだ。
  • ライオンハート
  • 0586-67-1711
  • https://www.lionheart2005.com

The post 【ライオンハート】オフローダーらしさを高めつつ高級感もプラスするJL appeared first on LETS GO 4WD WEB.