現行型のD:5が登場してまもなく3年を迎えようとしている。前期型という下地があったとはいえ、後期型のカスタムペースはかなり早く感じられる。D:5に様々なオリジナルパーツをリリースするロードハウス。今回のデモカーの1台は開発責任者の高橋さんのマイカー。いちユーザーとしての視点で様々なパーツを提案するが、今回のカスタムブックに合わせ、大きくイメージチェンジを実施!
 元々のボディカラーはアイガーグレーメタリックだったが、これをオリジナルカラーのフォレストグレーへと変更。今回の仕様変更に先行する形で既にハートランドの6インチキットを装着していたが、タイヤをBFグッドリッチのAT KO2(275/65R18)へ変更したことで、より車高がアップし、より大胆なスタイルへと進化を遂げている。またオーバーフェンダーも新タイプを装着。リベットの装飾を周囲に施すことで、4WDらしさをより一層強調したと言えるだろう。
 そのグッドリッチと組み合わせるのは、WORKエモーション。スポーツカーのカスタムではド定番と言えるアイテムを敢えてチョイスすることで、他のD:5とは一線を画するアグレッシブさと疾走感が一体化した、個性的なスタイルを実現している。

ノーマルの垂直気味なグリルを、ファイバープロテクションTYPE-2とフェイスマスクTYPE-2を装着して、尖鋭的にアレンジ。さらにランプブラケットも追加し、IPFの大型LEDランプの900XLSTも追加する。
後席のステップ部分を低くし、子供や女性の乗降性を考慮したサイドステップPREMIUM。優しいお父さんの必需品と言えそうだ。
軽さだけでなく、エンジンルーム内の熱を効率的に排出させるエアロボンネットに変更。センター部分はカーボン素材を採用する。
ロードハウスのオリジナルパーツを代表するアイテムといえば、このルーフレールラック。スタイルと機能性を両立させており、アウトドアに出かける機会が多い人には特にオススメ。
ルーフレールラックのサイドには、専用ブラケットを使用してIPFのS-642を装着。暗がりでの設営&撤収時に非常に重宝する。
後方視界とラダーとしての登りやすさを考慮した、リヤラダーPREMIUM。トレイルヒッチPREMIUMとの同時装着を考慮した形状が、非常に美しい。
新発売された、オーバーフェンダーサンマル。その名前の通り、片側30㎜ワイドを実現。リベットの装飾を強調させるため、今までのオーバーフェンダーよりも膨らみを持たせ、立体的に感じられる形状を採用。なお大径タイヤを装着する際、フェンダーを加工するのだが、加工箇所が目立たないカットアウトタイプを採用。また、インナーフェンダーまでカバーすることで、仕上がりの美しさまでも考慮する。
トレイルヒッチPREMIUMはリヤガード兼ステップとして使用。アドブルーのタンクをしっかりガード。ノーマル車高の場合、意外とヒットさせがちなのであらかじめ装着しておいた方がベターだ。もちろんヒッチキャリアも使える。
立体的な形状を採用することで、逞しさも感じさせてくれるフューエルリッドプロテクター。ロゴはMIVEC/DIESEL/KADDISの3タイプを設定する。
BFグッドリッチのATKO2(275/65R18)に、ワークエモーションD9R(8.5J×18、+32)をセット。D:5の多くが装着するワイルドなホイールとは異なり、スポーティ性やエレガンスな雰囲気を醸し出している。
バンパー下のスキッドプレート部には、IPFの631SSを装着。夜間のキャンプ場などで、絶大な安心感を生み出してくれる。
  • ROAD HOUSE
  • 埼玉県越谷市東越谷3-5-8
  • 048-963-7600
  • https://roadhouse.co.jp/
 

The post 【ROAD HOUSE】個性や機能を向上させるパーツをまだまだ計画中(M/C後ver.)! appeared first on LETS GO 4WD WEB.