ユーザーの先を行くカスタムで、装着タイヤのサイズやオーバーフェンダーの有無までを緻密に計算し、スタイルを徹底的に追求してきた4WD・SUVのドレスアッパー代表「ELFORD(エルフォード)」。
 現在は特に〝プラドカスタムの名手〟としてパーツ開発に注力。結果、オリジナルのフルバンパースポイラー、ハーフスポイラー、モデリスタ装着車専用のプラスオンエアロアイテム、同じくTRDスポイラー装着車専用のプラスオンエアロなど、150プラド後期型におけるエルフォードスタイルは、まさに百花繚乱だ。
 そんなエルフォードから、プラドのリフトアップスタイルを極める〝エクストリーム〟カスタムが披露された時は度肝を抜かれた。バンパーガードとランプステーを融合したプロテクターランプステーやJeepを想起させる縦スリットのバーチカルグリル、20インチホイールながら軽さと強度を追求したブラッドストックSL、純正ヒッチレシーバー装着のリアビューを際立たせるバランスパネル、新機軸のルーフランプ装着に加え、さらに薄型オーバルのサイドステップなど、タフかつ機能的でどこかスタイリッシュなスタイルは、要注目だ。
 こうしたエクストリームカスタムの流れとは別に、新型ランドクルーザーにもこれまでのノウハウを注ぎ込んだアプローチを行なう。斬新なスタイルは、ファンを熱くさせること必至だ。

50㎜という薄さとオーバル形状にこだわったサイドステップを新開発。一般的なサイドステップより薄型かつオーバルパイプとすることで、通常の視点で見るとサイドステップの存在感を消すことに成功。結果、車高は高く見え、よりワイルドなアピアランスを実現する。材質はスチール/ブラックパウダー塗装仕上げ。
フィールド派に人気のトヨタ純正ヒッチレシーバー。その装着時にオススメなのが、リアバランスパネル。加工部の切欠き部分を綺麗にカバーし、さらにリアビューにオフロードテイストを与えてくれる。エルフォードマフラーとの同時装着にも最適。
76.3 φスチール製パイプ(粉体塗装仕上げ)を採用したプロテクターランプステーは、大型アシストランプの装着を念頭に入れたELFORDリフトアップスタイルを象徴する逸品(200φランプがジャストフィット)。ステンレス製スキッドプレートもセット。
独自の縦型6スリット形状を採用したバーチカルフロントグリル(グリルの枠部分は純正流用、撮影車は純正部分をブラックアウト)。純正トヨタエンブレムとミリ波レーダーとの装着でも問題なし。
プラド専用のレーザーシェードも注目アイテム。紫外線を67%カットするメッシュで駐車時の目隠しに最適。装着したまま窓を開けることもできるため、アウトドアでも◎。
フロント上部に備わるルーフライトマウントパネルはボディへの大掛かりなカスタムやルーフラックなどを必要とせず、気軽にスタイリッシュなLEDバーランプを搭載できる新機軸のアイテム。10インチのLEDバーライトはオリジナルで、ハイライトモードとデイライトモードの2つに切り替えて使用が可能。
盗難増加中のプラド専用に設計された新しいタイプの車両盗難防止システム「ブレーキペダルロック」。専用キーを差しレバーを引くだけでブレーキペダルを固定。リレーアタックなどで万が一ドアを開けられてしまった車両もエンジン始動できない状態にする。作動中は赤色LEDが点滅し視覚的なアピールを行なう。

Bloodstcok SL(スーパーライト)

その名の通り、軽さを追求した20インチホイール「ブラッドストックSL(スーパーライト)」。フローフォーミング製法により、鍛造ホイールに迫る強度と軽さを確保しつつ、鋳造ホイール同様のデザイン性や価格を実現。また、特許申請中の「アンチエアリークシステム」と「インナーロックシステム」と呼ばれる独自の機構をホイールに搭載。タイヤと接するリム部分に突起を設けてエアー漏れや、タイヤがホイールから脱落するビード落ちを防止することができる。まさに最新・進化系!
 
純正サイドステップにカバーするように装着することで、地上高を60㎜ダウンさせるエアロステップカバー。社外・純正問わず、エアロ装着車のサイドビューをバランス良く、さらにスポーティに魅せる。
左右に3連ルーバーのリアルダクトを配した軽量エアロボンネットはスポーティ&アグレッシブ。雨を防ぐレインプロテクターパネルを付属。
エルフォードならではの純正エアロプラスオンアイテムに、後期TRD製スポイラー専用のオーバーフェンダーを追加設定。先行リリースされているTRDスポイラー専用フロントアンダーウィングと組み合わせれば、フロントとサイドビューにアクセントを与え、ワイド感と迫力のフォルムを実現できる。オーバーフェンダーの出幅はエルフォード製ワイドトレットスペーサーで対応できる20㎜ワイドに設定。
LEXUS GX460をモチーフにした横フィンタイプの後期モデル用フロントグリルも人気のアイテム。
150プラド後期TRDエアロに抜群のフィッティングを誇る左右出しマフラーを開発中。100φチタンテールを採用した左右2本出しで、純正のメインタイコを使用するリアピース交換システム。そのため車内へのこもり音もなくジェントルなサウンドを奏でてくれる(ノーマルリアバンパーにも装着可能)。
オフロードホイールのイメージが強いブラッドストックだが、今回のエアロ装着車&ロープロファイル系タイヤのヨコハマ・パラダスペック−Xとの組み合わせにもばっちりハマる。装着したタイヤサイズは純正タイヤの外径より大きい275/55R20をセレクト。しかし重量は純正17インチタイヤホイールと変わらない29㎏/本となるので性能を重視するユーザーにはオススメの組み合わせだ。もちろんノーマルフェンダーならそのままピッタリ収まる。
  • エルフォード
  • 048-966-3551
  • https://www.elford.co.jp
 

The post 【ELFORD】エルフォード流の新機軸パーツで魅せるスポーティ・アグレッシブプラド appeared first on LETS GO 4WD WEB.