◆WINTER MAXX SJ8+

 ダンロップからリリースされているお馴染みのスタッドレスタイヤ「WINTER MAXX(ウインターマックス)」。そのウインターマックスにおいて、4WD・SUV専用モデルを謳う最新の冬タイヤ 「WINTER MAXX SJ8+(以下、SJ8+)」が、今シーズンデビューした。お気付きの方もいるかもしれないが、コードネームが示す通り、先代SJ8から実はトレッドパターンを変更していない。それでも“新型スタッドレスタイヤ”として大幅に進化した!
 それはダンロップ史上最高の氷上性能を実現する「WINTER MAXX(以下、03)」で採用した革新的なコンパウンド「ナノ凹凸ゴム」を、取り入れたから。これにより氷上ブレーキ性能は14%アップ、氷上コーナリング性能は11%アップしている。
 このナノ凹凸ゴムはダンロップ独自の最新技術で、冬道でタイヤがグリップを失って滑り出す原因である水膜を「いかに早く」除水し、さらにタイヤを路面に「素早く長く」密着させられるかという「瞬間密着」を狙って開発したもの。しかも、もっとも滑りやすい状態の氷上で高い効果を得られるかをテストし、厳しい基準をクリアした結果、ゴムの変更だけで大きく進化できた。
 さらに氷上性能を支えるもうひとつの重要な要素が「MAXXグリップトリガー」の採用。これはゴム内部に配合され、タイヤが摩耗しても常にタイヤ表面に凹凸を形成できるという技術。
 こうした数々の新しいアイデアとそれを実現する技術、SJ8+は使い始めから、使い終わりまで常に「瞬間密着」という、最新スタッドレスタイヤにふさわしいパフォーマンスを披露する。
 ちなみにダンロップでは、街中だけでなく冬は雪山にもよく行くような本格派4WDユーザーにSJ8+を推奨。それは03ゆずりの高い氷上性能に加え、深雪や泥濘路の走破性も有しているからだ。
 一方で舗装路をメインに走る都市型ユーザーは、ランド比(接地ブロックの面積比率)を上げて左右非対称パターンを採用することで、劇的に氷上性能を追求した03がオススメ。使い方やニーズの合ったスタッドレスタイヤをぜひ選んでみて欲しい。

氷上性能を高める最先端技術

①ナノ凹凸ゴム

高密度ゴム/MAXXグリップトリガー

②液状ファルネセンゴム

氷上性能を大幅に向上した『ナノ凹凸ゴム』を採用し4WD・SUV専用タイヤで最高レベルの安心感!

●除水時間を短縮し密着時間を増加
滑りの原因である(タイヤと路面の間に生じる)水膜を、柔らかなナノ凹凸ゴムの突起で素早く除水して、瞬間的にゴムが氷に密着。従来品の「SJ8」と比べて、この除水のスピードは1.5倍〜2倍も速められているという。
●氷に隙間なく密着して密着面を最大化
柔軟性に優れたナノ凹凸ゴムが、水膜を除水した瞬間に隙間なく密着!こちらも従来品の「SJ8」から、より密着力を進化させている。さらに氷に触れるゴム面を最大化することで、強い密着力を引き出している。
ナノ凹凸ゴムの中に含まれる「MAXXグリップトリガー」は、水と反応して溶ける性質を持つ。だからタイヤが摩耗して溝が減ってきても氷上に効く凹凸構造が繰り返し出現。また低温化での密着とゴムの柔らかさを保持するため、ゴムと軟化剤の2面性を持つ「液状ファルネセンゴム」を採用。しなやかさが続き、時間が経っても氷上性能が低下しにくい構造だ。

先代SJ8から踏襲した定評のある4WD・SUV専用パターン

①ダブルイナズマグルーブ
②方向性のあるラグ溝
③ミドルブロックのT字型溝
④左右対称のパターン
 
トレッドパターンは4WD・SUV専用設計で、雪上での(さらにちょっとした泥濘地でも)トラクション性能にも優れているのが特徴だ。まず、タテ方向に貫かれるダブルイナズマグルーブが、排水性能に貢献し、さらに方向性のあるラグ溝が水・シャーベットを効率的にかき出す。さらにミドルブロックには大型スロットT字型溝を配することで、圧雪や新雪をタテ×ヨコにしっかりと掴んでグリップ。なお、車重が重く高重心なSUV特有のふらつきの低減は、左右対称のトレッドパターンで全体的にしっかりとパターン剛性を確保。さらにショルダー部の剛性を高めた効果で、ドライ路面での操縦安定性能も高めている。
⑤MAXX シャープエッジ
コンパウンドやトレッドパターンはもちろん、ショルダー部にも技術的な特徴を持つSJ8+。ダンロップ独自のサイピング技術「新ミウラ折りサイプ」によって、エッジ成分を高めた『MAXXシャープエッジ』を採用。シャープになった溝幅がブロックの倒れ込みを抑制することで、結果として接地面積を拡大し、さらに増加した多くのエッジ成分がアイスバーンをしっかりと引っかくことで、氷上でのブレーキ性能確保に一段と貢献している。

走行シーンも選べる車種も全方位で強化
大幅な氷上性能の向上を中心に実力アップ!

●DRY

コンパウンドは柔らかくなったが、ドライ路面でしっかりとポテンシャルがあるのもSJ8+の持ち味。例えば高速道路ではヨレる感じはないし、レーンチェンジの挙動もしっかり。さらにコンパウンドの進化は、これまでも定評のあった静粛性にも好影響。総じてロングツーリングでも快適な冬タイヤと評価できる。なお普段履きするなら、気になるのはライフ性能だが「1シーズン5000㎞×4シーズン」という、ダンロップのロングライフ基準を満たしている。

●SNOW

圧雪路・積雪路でのSJ8+は、氷上走行より、さらに安心感が高い。ブレーキの効き、ステアした時の反応、加速に至るまでの一連の挙動がとても安定しているのだ。また専用トレッドパターンとの相乗効果もあり、雪山へアクセスするユーザーにSJ8+は特にオススメ。攻め込むような深雪のほか、ちょっとした泥濘路などの走破性は飛躍的に高い。なお『MAXXグリップトリガー』をコンパウンドに配合して、効き持ち性能も向上させている。

●ICE

ミューが極限まで低いアイスバーンは、どんなに進化したスタッドレスタイヤでも厄介。新型のSJ8+は特に氷上性能の強化を狙った〝瞬間密着〟を謳う新しいコンパウンド「ナノ凹凸ゴム」を採用。結果、先代のSJ8比で、氷上ブレーキ性能は14%アップ、氷上コーナリング性能も11%アップ。しかもこれがゴムだけの進化で……というから驚き。運転感覚的にもブレーキにしっかり感があり、例え滑り出してもリカバリーが早く、安心して運転できる印象だ。

人気車の純正サイズを含めあらゆる4WD・SUVにサイズを設定

先代SJ8から新たに16サイズを追加し、豊富なサイズバリエーションとなる全54サイズで展開するのもWINTERMAXX SJ8+の注目点。人気の高いエクストレイル、RAV4といったミドルクラスをはじめ、大型4WDのプラド&FJクルーザー、ハイラックスなどの純正サイズを幅広くラインアップ。さらにそれより大きいBIGランクルやJeep系、ジムニー用サイズまでもしっかりとカバー。これが4WD・SUV専用スタッドレスタイヤの強み!

  • DUNLOP
  • http://tyre.dunlop.co.jp

The post 【DUNLOP】凍結路面でしっかり効いて効果は長持ち!深雪やマッドの走破性も有する「WINTER MAXX SJ8+」 appeared first on LETS GO 4WD WEB.