◆BR-44

日々新たなトレンドが生まれ、消えていくのはホイールのデザインにおいても同じ。しかしその中には、決して色褪せることなく不変のスタイルがある。それこそが、現在の新潮流になりつつある、オールドファッションなホイールだ。中でも現在あらゆる車種のユーザーから注目を浴びているのが「BRUT(ブルート)BR-44」。クラシックになり過ぎない二世代くらい前の鉄チン・スチールホイールを現代風に蘇らせたフォルムの要となるのは、緩やかにRを描くシンプルな6本スポーク。間違いなくどんな4WD・SUVの足元にハマる。

ミリタリーブラック

コンクリート

 もちろん、デザインだけではスチールホイールの雰囲気を醸し出せない。デザインに合わせた秀逸なカラーリングの設定も必須だ。そういう意味でもBR-44の目指したスタイルは素晴らしい。カラーバリエーションは、定番の艶消し黒のミリタリーブラックのほか、今回、ハイラックスにマッチングした独自の艶有りグレー系のコンクリートの2色展開。また、スチールホイールのような薄さをアルミホイールで再現するのは、素材や製造工程の違い、そして強度の面から困難とされている。しかしBR-44は、独自のデザインと技術で、強度と剛性をきっちり確保した上で再現している。
 カタチ、薄さ、そしてカラーのすべてがバランスされたふた世代前のスチールホイール風の古き良きデザインは、むしろ今の時代にこそふさわしい選択肢なのだ。

俯瞰で見て感じられる往年のスチールホイールを彷彿とさせるのは、実はディスクデザインだけでなく、コダワリのディーテルによるところも大きい。まず段付き風のリム形状を採用していること、さらにスポークとリムフランジが交差するリムエンドに凹んだ意匠を与えているのだ。
アールを取り込んだ緩やかな造形や絶妙な太さと長さの6スポークによって、あの頃のスチールホイールのデザインをオマージュ。そこにコンケイブフェイスという現代的トレンドを加えて、無骨で力強い彩りを与えた。なお、付属のセンターキャップはサイズによってデザインを変更しているのもポイント。今回の6Hモデルには、コンケイブ感を際立たせる小径仕様を採用。
今回はヘビーデューティな前後スチールバンパーを装着したトレイルデモカーのハイラックスにBR-44(カラー:コンクリート)をマッチング。押し出しのあるスタイルだからこそ、このシンプルな6スポークデザインが自然にハマっている。
  • BRUT by トライスターインターナショナル
  • 03-3779-5131
  • https://brut.jp

The post 【BRUT】オールドファッションなスチール的フォルムでトレンドの先端を行く「BR-44」 appeared first on LETS GO 4WD WEB.