トライアル競技、スイフトでのサーキット走行など、ジャンルを問わず、チャレンジしてきたトライフォースカンパニー。そのチャレンジからさまざまなアイテムを世に送り出し、ヒットを重ねている。
 デモカーであるJB64/74では、プレランナーのようなスタイリングで往年のクロカン4WD車のような雰囲気。JB64ではシングルのパイプバンパーを採用し、JB74はJB64とは一味違いプレランナー風のフロントバンパーを採用。リアバンパーはノーマルコンビランプをハイするスチールバンパーを装着。
 そして、トライフォースといえばやはりサスペンションであり、JB64/74ともに共通のアイテムを用いている。2.5インチリフトアップコイルに14段減衰力調整式ショックアブソーバーを組み合わせている。前後アームはフレックスアームに交換されている。さらに、クロスメンバーはプロペラシャフトの上を通す形状を採用し、オフロードでのヒットを想定した形状としている。
 エンジンスープアップはJB64ではパイピング関係を変更し、エンジンのレスポンスアップを図っている。JB74では現在開発中のエアクリーナーボックスやオイルキャッチタンクなどを装着、さらにコンピューター書き換えにより、トルクフルでNAエンジンらしいフィーリングを楽しめるセッティングが施されている。

スキッド性を持つブラケット部はスチール製、メインパイプは軽量アルミで構成されるハイブリッドバンパー。オフロードバンパーとして定番のブッシュバータイプをチョイス。
足元はワーク・クラッグT-グラビックⅡにジオランダーM/Tを組み合わせている。
約10㎜ワイドを可能とするオーバーフェンダーを装着する。
ステッチのカラーが選べるオリジナルのフロアマットを用意している。

レスポンスアップとトルクフルな走りを実現

エンジンはブローオフアダプター月インテークスペシャルキットを装着し、パイピングの圧損を低減させエンジンレスポンスの向上を図っている。インタークーラーパイピングはもちろん、インテークパイプ、スーパーファンネルスロットルチャンバーをセットしている。また、バッテリーステーはジュラルミン製トライフォースロゴ入りに変更し、エンジンルームのアクセントとしている。

プレランナー風のレーシーな面構えに!!

パイプ2本を使用することで、スタイリングとシャープ感を両立。パイプはスチール製38φを使用している。さらにフロントガードは、アルミ製アルマイト仕上げとしている。カラーはブロンズを採用。装着することでプレランナー風のスタイリングとなり、レーシーな雰囲気を醸し出している。
純正テールランプ仕様のパイプバンパー。パイプ径48φスチール製を採用している。
足元はワーク・クラッグガルバトレにジオランダーM/Tを装着。往年のクロカン4WDを彷彿とさせるスタイルだ。
エンジンルームは本体はノーマル。エアクリーナーはスイフトのエアクリーナーが装着可能なインダクションボックスを現在開発中。フロントグリル直後からフレッシュエアーを取り入れる。さらに、コンピューターも開発中。
サスペンションは2.5インチアップコイルにオリジナルセッティングが施された減衰力調整式ショックを組み合わせる。前後アームはフレックスアームを装着し、アーム支点を追加し、フレキシブルな「ねじれ」を可能とし、アーム本体の剛性もアップしている。クロスメンバーや、スタビの効き具合を調整できるブラケットも装着。
  • トライフォース
  • 0267-31-0751
  • https://www.tryforce.jp/

The post 【トライフォース】クラシカルながらもレーシーな雰囲気を醸し出すJB64/74 appeared first on LETS GO 4WD WEB.