創業は1964年、老舗のジムニープロショップであると同時に、ジムニーの新車カスタムコンプリート販売の先駆け的な存在でもあるスージースポーツ。世田谷区上祖師谷に店を構える同社は、現在スズキのサブディーラーでもあり、競技用のカスタム以外は合法カスタムを行なっている。定評の高い新車のカスタムコンプリートは、タイヤ&ホイールのみ交換したライトカスタム仕様(JB64=NEO‐01、JB74=JS‐01)と、タイヤ&ホイールに加えて、オリジナルの40㎜アップキットを装着した仕様(JB64=NEO‐02、JB74=JS‐02)の2タイプで展開する。特長的なのは、タイヤ&ホイールの選択肢が豊富に用意されていること。街乗りからオフローディングを楽しみたい人まで、用途や好みのスタイリングに合ったものを選択できるのである。
 ここに紹介するJB64は、カスタムコンプリートのNEO‐02をベースに、さらなるモディファイを実施した車両である。注目は高級サスペンションメーカーの代名詞でもあるオーリンズの別体式タンク付のショックアブソーバーを装着していること。まだ、セッティングを煮詰めている状況ではあるが、発売は間もなくとのこと。ちなみに、フィーリングをチェックしてみたが、完成形ではないとはいえ、コーナーリングでは、進入や出口での挙動がとても安定していた。発売が楽しみである。

人気のNEW CROSS 40㎜アップキットの上級モデルとして開発が進んでいるのが、別体式リザーブタンク付きショックアブソーバー(オーリンズ製)を採用したサスキット。前後ラテラルロッド、ロングブレーキホース、キャスタードリームなどを変更し、40㎜としてはクラス最高レベルのストローク量を実現している。サーキット走行もこなすサスがベースなだけに、ワインディングにおいて、中高速域で走らせても、コーナーの出口で姿勢を乱すことなく走り抜けられる。
フロントバンパーはウインチベースを備えたオリジナルのチューブタイプ(72φ)。ハードなオフローディングで機動力を高めるために十分なアプローチアングルを確保。リアも同じテイストのデザインを採用したチューブバンパーに変更。フロントと同様に高めの位置にセットした。フロントには「カムアップ」電動ウインチも備えている。
ルーフキャリアはINNOの。こちらもチューブパイプをメインにデザインされた、フラットデッキタイプを採用。前後バンパーとの相性も抜群。ロングツーリングも意識したコンプリートなのだ。
アクセル開度に対するスロットル開度比率を制御し、エンジン性能を有効に引き出し、アクセルレスポンスの向上をさせるレスポンブースター(スロコン)を導入。

車内の利便性をアップさせる!

何を車内にプラスしていけば利便性がアップするのか。ジムニーを知り尽くしているスージースポーツならではのパーツのチョイスは、そのどれもが今すぐにでも愛車に採用したいものばかり。

オフローディングなどで的確に車をコントロールするためにグリップ力に優れたステリングに変更。
ドリンクをしっかり固定するホルダー。専用設計なのでインテリアとの調和が取れている。
ノグチとのコラボによって生まれたシートクッションは、長時間座っていてもお尻が痛くなりにくい。
女性オーナーからは〝かわいい〟との評価を受けているUSBユニット。目の付け所が違う!
スタイリッシュなオリジナルバンパー。ジムニーでありながら泥臭さを全く感じさせないエアロデザイン、しかも迫力もしっかりと実現しながら、オフロードでの使用も想定しているという、革命的デザインを採用している。LINE-Xを施工し、高い強度を確保している。
日常での使い勝手を確保しつつ、林道や河原走行はもちろん、ダート、軽いクロカンまでカバーするのが40㎜アップバージョン。純正サスで起こる不快なピッチングなども完全に解消することが可能なサスだ。
デュアルエンド採用のマフラーはRevolutionシリーズのひとつ。ストレスのないゼロ発進&加速と、高速域での伸びを高いレベルで両立している。車検にも対応しているから安心だ。
スキッドプレート上部にLEDバー、リアのけん引フック近くにスポットランプを配置し、夜間の走りに備えている。
アルミホイールは、軽量&高剛性を実現したRAYS製鍛造ホイールA・LAP-J。組み合わせたタイヤはダンロップのグラントレックMT2(LT225/75R16)とした。
ボンネットフードは、軽量なFRP製に変更。リアドアもFRP製の背面タイヤレスとすることで徹底した軽量化を図った。
  • スージースポーツ
  • 03-3308-4444
  • https://suzy.co.jp/

The post 【スージースポーツ】オーリンズダンパーを使ったサスキットを近日発売予定! appeared first on LETS GO 4WD WEB.