Gクラス、ディフェンダー、ブロンコなど、ジムニーをベースにハイエンドモデルへ寄せたエアロパーツが様々なメーカーからリリースされる昨今、長年にわたってその道の第一線で活躍し続けるエアロオーバーが製作に着手したのがAMG G63仕様。グリル造型からボンネット、そして重厚感溢れる前後バンパーにナチュラルに溶け込むオーバーフェンダー、サイドステップでシルエットをG63仕立てに極めつつ、ドアヒンジやシーケンシャルウィンカータイプのサイドミラー、サイドモールにピラーモールなど細部まで徹底した造り込みは、遠目に見ると本物と見間違うほどのクオリティーを誇る。
 今回は昨年紹介した白いデモカーとは別に、ローダウン主軸のエアロオーバーとしては珍しいリフトアップ仕立ての青いデモカーが追加。こちらは従来のG62/G62S専用オーバーフェンダーを更にワイドにする〝エクステンション手法〟を取り入れて、プラス35㎜のワイド幅でマイナス45のオフセットも装着可能とし、幅の大きなマッドテレーンタイヤを履くリフトアップユーザー向けに展開する新作。ルーフキャリアやラダーの視覚効果も手伝って、ワンランク上のオーラを放つ孤高の存在感は、SUZUKIのSマークが逆に違和感を与える程にアッパークラスへと誘う。本気でAMG G63ルックをお考えの方に是非お勧めしたいメーカーだ。

G62/G62Sボディキットはローダウンのみならずリフトアップも抜群に似合う!

4WD車用のホイールと言えばセンターボアが開いた無骨な印象。それを覆すべくデザインされたKFW Mモーションホイール。7J-18インセット-45でマットブラックとグロスブラックポリッシュの2カラーを展開。G62ボディキット装着×215/50-18タイヤでツライチとなる。
片側80㎜オーバーフェンダーでのワイドフォルムでも充分な迫力ではあるが、リフトアップした車両の場合は幅と高さのバランスを考慮するともう少しワイド方向に振った方がキマる。この絶妙な塩梅を埋めるべく開発されたのがG62/G62Sボディキットの+35㎜ワイドフェンダーをベースに-45のオフセット装着を見据えたエクステンションキットだ。

JB64W

JB74W

フルタップ式ダンパーの減衰力15段調整付きツィンチューブ式ショックを採用するG62Sオリジナルローダウンダンパー&ダウンサスセット。乗り心地を追求したベストな下げ幅として約40㎜のローダウンでG62のフォルム造形美をより一層際立たせるロー&ワイドフォルムへと誘う。

グリルの縦スリットからヘッドライトベゼル、ボンネットフードやドアヒンジに至るまで、Gクラスのフォルム造型美を忠実に再現するG62ボディキット。片側80㎜ワイドオーバーフェンダーからの1段落とし込んで繋がるサイドステップのシルエット、そして下側で存在感を放つサイド出しデュアルステンレスマフラーなど細部にわたってG63を連想させる。一方インテリアはカップホルダーやシルバーアルマイト製ペダルの他、新作のシートカバーでハイエンドモデルらしく装う。
  • AERO OVER
  • 0725-55-5003
  • https://k-factory.ne.jp/

The post 【エアロオーバー】妥協を辞さない本気の姿勢でAMG G63ルックに挑む! appeared first on LETS GO 4WD WEB.