JB23は、曲線を主とした現代的なデザイン。エクステリアのチューニングは、FRPやABS、ウレタンなどが主流で、ボディデザインを崩さない曲線主体のものが多かった。しかし、JB64になってから、大幅にシルエットが変わり、直線主体となった。スズキが発表したテーマも「原点回帰」。レトロな印象となる旧規格ジムニーのデザインを踏襲している。そうしたデザインに、いち早くペニーレインが反応。「このデザインであれば、旧規格ジムニー時代のスチール製バンパーが似合うはず」取り付け部を新設し、様々なデザインのスチール製バンパーをリリース。他社が、JB23からの流れで、FRPやABSなどのエアロバンパーを開発、販売している時に、唯一スチール製バンパーの開発を行い、発売。スクエアなボディデザインに、スチール製バンパーがよく似合うと、破竹の勢いでヒットとなっている。
今回の取材時に、ちょうど新たなデザインのバンパーが発売開始。丸パイプで構成されたストレートツインバンパーを角パイプで構成した、スクエアツインバンパーである。車両コーナー部付近で鋭角に曲がり、端部はフラットな形状。ボディデザインと相まって、よりシャープな印象となっている。旧規格ジムニーを彷彿させつつ、決して古さを感じさせない。オフロードのイメージだけでなく、オシャレなルックスを醸し出している。

新たにリリースされた、「スクエアツインバンパー」にも、純正フォグランプとスキッドプレートを装着することが可能。純正のフォグランプがとても使えるので、ユーザーにとって嬉しい装備と言える。
近年、牽引フック形状が突起物となるのでは?と物議をよんでいる。それに先駆けて、新たな形状の牽引フックを発売開始。これなら突起物とならないのだ。
純正テールを使用可能としている、「リアストレートバンパー」。純正よりも上方にオフセットしており、スタイリングもオフロード性能も考慮したアイテムなのだ。
スペアタイヤキャリアの装着位置に、取り付け可能な「カーゴキャリア」。今大人気のロトパックスも装着可能で、展開するとRVコンテナボックスがシンデレラフィット。コンテナボックス使用時に、多くの荷物が積めるので、車内空間をスポイルせずにアウトドアアクティビティのアイテムを運搬することが可能となる。
RVコンテナボックスは、ホームセンターなどで販売されている、もっとも汎用的な中型タイプで、耐候性が高く、収納力にも優れている。
ペニーレインのPLUS SPORTSサスペンションは、初期入力はしなやかながら、奥にハッキリとした腰の部分があり、乗り心地とスポーツ走行の楽しさを両立したサスペンション。ストロークもとても長く、オフロードでの強い味方となる。独自の発想で、様々な補正アイテムを使用しているので、他にないスムーズな乗り心地を発揮するのだ。
業界随一の猫好きと言える山中氏。サスペンションのモチーフとなっているのも、猫のしなやかな動きなのだ。
カーゴキャリアとナンバー移動キットの併用は、当然ペニーレイン製。抜群のフィッティングを見せる。

豊富なラインナップで組み合わせ自由

「フロントスクエアバンパー」、「スクエアツインバンパー」、「ストレートツインバンパー」、「リアスクエアバンパー」、「リアストレートバンパー」、「リアストレートバンパー小型テール」と、数々のバリエーションを続々とリリースしているペニーレイン。さらに、スチール製だけにとどまらず、ステンレスモデルもラインナップしている。スキッドプレートも、スチールブラックとステンレスの2種類から選ぶことが可能で、オリジナリティの演出に一役買っている。

無骨なシルエットが魅力

シャープな印象のスクエアモデル

 

定番の丸パイプ仕様

  • PENNY LANE
  • 072-335-7029
  • http://www.pennylane.co.jp

The post 【ペニーレイン】レトロで可愛いエクステリア、無骨さが人気の秘密です appeared first on LETS GO 4WD WEB.