ハイラックスサーフのカスタマイズ専門店として確固たる地位を築いたMclimb(エムクライム)。現在では兵庫県に2店舗、福井県に1店舗を構えるまでに規模を拡大している。サーフの他にもプラドやD:5の新車コンプリートカーの販売も手掛けているが、あくまでもその軸足はサーフのままで、さらには新たなオリジナルパーツも販売するなど、まだまだサーフの可能性を追求し続けている。
最近ではサーフを手掛けるショップが増えてはいるが、長年培った経験やノウハウは非常に豊富。また自社で整備・板金などを行う工場も構えており、しかも窓ガラスは一度外し窓枠のゴムも新品に替えるなど、そのクオリティはフルレストアレベルと言えるほど。
今回紹介するデモカーは、どちらもベージュをメインカラーとし、差し色としてブラックを使用。足もとを引き締めるホイールはMclimbのオリジナルホイール「アストロDC」。サーフが新車で販売されていた時代は16インチが主流であったが、今や時代は17インチに突入。四駆らしさを強調しつつ現代的なエッセンスも取り込み、新たなスタイルを提案してくれるのもMclimbの魅力。
お気に入りのカラーやスタイルなど、自分の好み通りの1台を作り上げることが可能だが、Mclimbでは見た目だけでなく安全性や信頼性も重視。納車前にトコトン整備を行うので、カッコ良いだけでなく、安心感も極めて高いと言えるだろう。

2006y ハイラックスサーフ SSR-Xリミテッド

Mclimbのオリジナルデュアルサイドマフラーを装着。斜め2本出しが他にはないスタイルで非常にスポーティ。しかも車検対応!
近日発売開始となるMclimbルーフラック。低く抑えた形状を採用しつつ、可能な限り積載量を確保。見た目だけでなく、アウトドアのために「使える」ルーフラックを目指したと言えるだろう。
ヘッドライトはインナーブラックに変更し、リアはレンズガードを装着。これまで製作した車両の数だけノウハウを持っているので、どんな仕様にしたいのか伝えれば最適な答えを提案してくれる。
オリジナルのスプリングで2.5インチリフトアップ。オーバーフェンダーは厚みを持たせたデザインだが、ノーマル+8㎜ワイドなので、構造変更は不要。大きなデフガードは保護だけでなく、リアビューのアクセントになる。

1999y ハイラックスサーフ SSR-X

ラジエターは新品に交換。ここまでやるのか!と驚かされるが、年数が経過したクルマを安心して乗ってもらうために徹底しているとのこと。
シートカバーやフロアマットもMclimbのオリジナル。内装もしっかりリフレッシュされているので、古さを感じさせない。
Mclimbの拘りと言えるのが、各部の美しい仕上がり。メッキパーツなどは錆など皆無で、樹脂部品も徹底的に新品に交換。ただ塗装するのではなく、窓ガラスも一度外しており、新車同然の美しさを実現。

ノーマルフェンダーをブラックにペイントするだけで、印象が大きく変わる。2.5インチのリフトアップで、タイヤサイズは265/70R17に変更。ホイールはアストロDCで、こちらはマットブラックをチョイスする。

  • エムクライム ウィード本店ショールーム
  • 0794-73-8000
  • エムクライム ウィード土山ショールーム
  • 078-942-1600
  • エムクライム ウィード鯖江ショールーム
  • 0778-52-3333
  • https://www.weed10.com/
  • https://mclimb.net/

The post 【MClimb/Weed】サーフ専門店の第一人者として、その在庫量と品質の高さはまさにトップクラス! appeared first on LETS GO 4WD WEB.