トーヨータイヤの4WD・SUV用ブランド『OPEN COUNTRY(オープンカントリ)』。ひと昔前までは海外マーケットが中心で、新車の純正タイヤ採用からカスタマイズや摩耗時などの交換用タイヤとして幅広く認知され、長きに渡って信頼と実績を積み、グローバルで評価されてきた。
 近年では日本市場にも注力し、その人気ぶりはプロショップやオーナーからのラヴコールからも伺い知れる。そのラインナップは『M/T』、『M/T-R』、『R/T』、『A/T plus』、『A/T EX』、『U/T』の6タイプを用意。中でも特に注目したいのが、リリースされたばかりの最新・最強のマッドテレーンタイヤ『OOPEN COUNTRY M/T-R(オープンカントリー・エムティアール)』だ。
 ダカールラリー2022において、前人未到の9連覇を達成した「チームランドクルーザー・トヨタオートボデー(TLC)」。実は今回からトーヨータイヤが新たにチームのパートナーに加わり、TLCをサポート。TLCランドクルーザーのために、既存の『M/T』をベースに新開発されたのが、このタイヤ『M/T-R』だった。ダカールラリーでは、ランドクルーザー200(2022年大会がラストラン)にLT285/70R17サイズのM/T-Rを装着。設定サイズはもちろん、独自の技術が盛り込まれたレーススペックのスペシャルタイヤだが、開発にも携わったTLCの三浦選手はこうコメントしている。
「サスペンションのストロークが限られる市販車クラスにおいて重要なのは、ペースを落とさず走り続けることで、スタックやパンクしないことが大前提。さらにタイヤを開発していく中で、空気圧を変えずに走れるタイヤをお願いしてみたら…想像を超えるモノに仕上がってきました。すべての砂丘で一度も止まらず、一度もスタックしないことが目標でした」と。
 これまでのダカールでは、走破が難しい砂丘越えの場合、タイヤの空気圧を落として接地面を高めて切り抜ける状況があったという。しかし新タイヤは砂地でも空気圧を落として接地面を増やす必要が少なく、一定の空気圧で走りきれる性能を誇る。ダカールラリー専用スペシャルタイヤは、2023年大会に向けてさらに煮詰められるというが、三浦昴選手の要望を受けて作られたこのタイヤ、実は2021年12月に市販化されている(公道走行も可能)。
 勘の良い読者諸兄なら気付いているかもしれないが、このM/T-Rは競技用ジムニーに向けたサイズ『195R16C』を先行リリース。

今回『LT285/70R17』が追加されたのだが、両者は似て非なるタイヤだ。それぞれ装着するターゲット車や走行シーンを絞っているため、共通する技術こそあれ、チューニングが異なっている。装着できる車種に乗っているオーナーなら、一度はM/T-Rの本気の性能を試してみたい。

OPEN COUNTRY M/T-R【LT285/70R17】

チームランドクルーザー・トヨタオートボデー(TLC)のダカールラリー・マシンに採用された「LT285/70R17サイズ」のOPEN COUNTRY M/T-R。クロスカントリーラリーでの使用を想定して開発されたオープンカントリーシリーズ史上、最高の悪路走破性能と耐外傷性能を誇るモデル。独自に盛り込まれたトレッドパターンの技術であるエッジレスセンターブロックやブロックの等ピッチ配列により、耐外傷性の向上やチッピング・ブロック飛びを抑制。さらにハンドリング性能やトラクション性能に貢献するサイプレスブロックやラテラルブロックを特別に採用。このタイヤが日本でも発売中!このM/T-Rは、ダカールラリー2022と2023でTLCのサポートを発表したTOYO TIRES渾身のスペシャルオフロードタイヤといえよう。

数回の社員ナビを経たのち、TLC初の社員ドライバーに転向し、ダカール2021から、チームのエースドライバーを務める三浦 昴選手(写真右)。砂漠や山岳地などの変化に富んだ過酷なダカールを効率よく攻略するカギとして、M/T-Rのタイヤ開発にも携わる。2022年大会では、前人未到の市販車部門9連覇を達成した。

OPEN COUNTRY M/T-R 【195R16C】

オフロードレースに参戦するジムニー向けに設計された悪路走破性能と軽量構造に優れたスペシャルモデル(公道走行も可能)。トレッドパターンでは、スタッガードショルダーやストーンイジェクターを継承した一方、センターブロックを連結した造形を特別に採用。構造面では軽量・高強度に配慮し、スペシャルシリカコンパウンドと2スチールベルトによってオフロードにおけるグリップ性能・トラクション性能を向上。さらに高強度サイドウォールコンパウンドが耐外傷性をアップ。また2プライハイターンアップとビードフィラー構造によりトラクションや応答性、さらには高速安定性と耐久性をも高めている。ちなみにダートトライアルでの使用を想定して開発されたことを示すべく、「ATTACK THE DIRT」の文字がサイドに刻印済み。装着時のマインドが高まる!
「195R16C」サイズは、カスタムジムニーへの装着を想定したもの。

OPEN COUNTRY M/T

アグレッシブで機能的なパターンデザインと過酷なオフロードを走破するタフネスなタイヤ構造を採用するマッドテレーンタイヤとして、2003年にデビュー。オフロードレースに向けたタイヤとして特化したM/T-Rの基となるモデルだが、20年近くに渡ってオフロードユーザーから愛され続けてきた信頼性は相当なもの。その間Baja1000やダカールラリー(通称パリ-ダカ)、アジアクロスカントリーラリーといったレースシーンを駆け巡り、開催される地域やシーンも異なる数々のオフロードレースで結果を出し続けてきた。そう、誕生時からオフロードパフォーマンスには一切の妥協がない!
  • TOYO TIRE株式会社
  • 所在地 : 兵庫県伊丹市藤ノ木2‐2‐13
  • 問合せ(トーヨータイヤ・お客様相談窓口) : 0800-3001456(フリーコール)
  • 受付時間:月〜金(祝日は除く)9:00〜17:00
  • https://www.toyotires.co.jp

The post 【TOYO TIRES】世界を制した最強スペシャルオフタイヤが市販化! appeared first on LETS GO 4WD WEB.