◆DELTA FORCE OVAL

オンロード/オフロードを問わない性能とミリタリー感に溢れた元祖4WDとして人気のJeepラングラーだが、同様に、オフロード×ミリタリーがコンセプトのホイール「DELTA FORCE OVAL(デルタフォース・オーバル)」に、待望のラングラーサイズが追加されたというトピックが舞い込んできた。

マットブラック(MB)

ブラックマシニング(BM)

マットスモークポリッシュ(MSP)

 今回のサイズはJeep純正ナットに対応するほか、スペアタイヤ装着時のバックカメラに適合するなど、既存のラインナップと同様に装着車種を絞った専用設計。もちろん伝統的なオフロードスタイルに独自のミリタリーテイストを加え、見た目的にもラングラーにベストマッチ。それはリム深度を緻密に計算し、彫りの深い立体的なコンケイブをしっかりとデザインされているから。この形状が生み出すホイール剛性は走りに対しても高いパフォーマンスがあるし、アウトドア・フィールドでの馴染みの良さも特筆ものだ。カラーは定番のマットブラック、ディスクをポリッシュした上でそのディスク面にスモーククリアをペイントしたマットスモークポリッシュ、ホールの縁にミリング加工を施したブラックマシニングの3種を用意。センターハブをカバーすることも十二分に意識し、カスタムマインドを高めるカラーオーナメントの選択も可能だ。

12のショートスポークと12のDウインドーで構成されるいわゆるオフロ ードディッシュデザインだが、抑揚を持たせたスポークにより、最新のミリタリーテイストもしっかりと感じさせる。
リムフランジの手前でデ ィスクを一度落とし込んむことで、リムフランジの別体感を強調し、ビードロックリング形状をアピール。リム深度もさることながら、ドリルドマシニングなどのギミックによるアクセントも効果的に働いている。
立体感のあるコンケイブ形状を採用し、さらに深リムと融合したオーバルの名にふさわしいフォルム。センターキャップのオ ーナメントはシルバーポリ ッシュが標準で、オレンジ、サンドベージュ、グリーンの3色はサービス付属。カラーコーデも楽しめる。
オフロードとミリタリーの融合、という同様のコンセプトを持つJeepラングラーJLに向けた専用サイズを新設定したデルタフォ ース・オーバル。バックスタイルを見ても、そのハマり具合はよく分かる。このサイズはJeep純正ナットに対応するほか、スペアタイヤ装着時のバックカメラにも対応可能だ。
  • FORCE
  • ☎0797-71-1170
  • https://www.force-wheels.jp

横も後ろもしっかりカバー270度展開式オーニング

今回の撮影車は、オーストラリア発の老舗ルーフキャリアブランド「Rhino-Rack(ライノラック)」のギアでオーバーランドスタイルとしていたこともポイント。特にフィールド系ユーザーの間で話題を呼んでいるライノラック製の「バットウイング・オーニング」は要注目で、後方まで270度に展開するアウトドアに最適なオーニングだ。その理由は展開時は車体側面だけでなく、後部もカバーしてくれるほか、専用のエクステンション(横幕)をジッパーで連結すれば、シェルターとしても使用可能であるため。なお、オーニングを取付けるために、ライノラック製のシステムキャリアも搭載しているが、積載量もアップできるのでオススメ。

●Rhino-Rack製品

問合せ:エクシズルライン(https://exizzle-line.co.jp)

 

 

The post 【DELTA FORCE】Dホールとホリ深オーバル形状ボトムはアウトドアユースでもピッタリ馴染む「OVAL」 appeared first on LETS GO 4WD WEB.