ここに登場するハイラックスは、全日本ラリーに参戦している「TRD Hilux Revo」とほぼ同じ仕様のハイラックスだ。この車両はTRDが製作したワークスマシンなのだが、ナンバー付きで公道を走る競技である全日本ラリー用なので、改造ポイントなどは全てフル公認を受けている。実はその登録などを行なっているのが、埼玉県白岡市に店を構える「キャナス」だ。つまりTRDのワークスラリーマシンに関する多くの知識を有しており、これと同様のハイラックスを製作することも可能だ。加えて、TRDの競技車用オリジナルパーツの販売・装着も行なっているのだ。
 このTRDの競技車用オリジナルパーツ、実はそのほぼ全てがボルトオンでは装着できない。スキッドプレートやマッドガードの装着でさえ、各部の加工が必要となるため、それらのパーツに関する深い知識が必要となるのだ。
 また、TRDの競技用というホンモノ感に惹かれて、ドレスアップ目的で装着するのもアリだが、正しくインストールすることはもちろん、最適なセッティングを施すことができなければ、本来の性能を得ることはできないのだ。それどころか、間違った装着方法では、愛車に悪影響を与える可能性もある…そんな心配を払拭してくれるのがプロショップのキャナスだ。

一般整備やカスタムパーツ装着などのほか、レーシングマシン製作なども行なっているのがキャナス。三角代表は長年に渡り、国内外のラリーなどにドライバーやメカニックとして参加してききた人物のため、クルマ作りを熟知している。
前後のショックアブソーバーはKING製を使用しているが、そのチューニングはTRD専用のもの。また純正アーム用と、オーバーフェンダー装着車用のワイドアーム仕様の2種類が存在する。ハードなオフロード路面の走行も想定したサスペンションなので、タフな仕様となっているが、セッティング次第でオンロードを快適に走らせることも可能。そのようなノウハウをキャナスは持っているのだ。

ジャッキからエンジンまでワークスアイテムが入手可能

 2022年に新設された全日本ラリーのOP-CXクラスに参戦車とほぼ同じ仕様の「TRD Hilux Revo」。ベースは2.8ℓのディーゼルターボを搭載するタイ仕様だ。外観はTRDのオーバーフェンダーが付き(Xグレードは灯火がNGになる)、フロントのサスペンションアームは上下ともにワイドサイズだ。このオーバーフェンダーとワイドアーム、そしてKINGのショックアブソーバーキットをインストールし、TRDの輸出用ホイールを装着。ラリーに勝つためのセットだが、ハイラックスオーナーならば、カスタマイズとしても魅力を感じる部分でもあるはずだ。
 そのような目立つ部分のみではなく、実は細かいパーツも購入可能だ。後席に設置したジャッキ&ジャッキホルダー、荷台にセットしたスペアタイヤホルダー、直前直左をガッツミラーナシで公認とするモニターなども購入および装着が可能なので注目いただきたい。さらに、金額は大きくなるが、TRDが製作したコンプリートエンジンの購入&載せ替えもキャナスなら可能だ。

乗車定員を2名へと変更しているため、リアシートは付いていない。そこにオフロードでも移動しやすい大径タイヤが付いた軽量なジャッキを装備。このジャッキやジャッキホルダーの購入・装着も可能。室内に張り巡らされているロールケージや荷台にセットしたスペアタイヤホルダーもゲットできるので要チェックだ。
タイ仕様がベースゆえ左前方には、あのガッツミラーは装備されていない。そのため、ドアミラー下とグリル下側にカメラを設置し、その映像を車内のモニターで確認して、直前直左の法規規制に合致させている。これの購入・装着も可能。
2名とした乗車定員。その前席には、BRIDEのスーパーレール+TRDのロゴ入りフルバケットシートを装着。そのシートにはOMPの4点式ベルトが備わっている。このシート、シートレール、ベルトも競技用なので、安全性も高いものとなっている。
GRハイラックス専用フロント2インチアップコイルもラインナップ(44,000円)。ノーマルのスプリングレート1.1キロに対して13.2キロのレート設定となる。リヤの2インチアップブロック(6,900円)にも注目。GRハイラックスはフロントアブソーバーの、内径がその他グレードとは違うためキャナスが商品化。2インチアップソフトタイプ設定も有(88,000円)。他のグレード用のアブソーバーに合うフロントコイルスプリングも2インチアップ仕様での設定有。リヤのリーフスプリングは積載重視でなく、シティユース仕様のスプリングレートとなる。
前期型のハイラックスではなく、2.8ℓを搭載するタイ仕様がベース。TRDグリル、TRDドライビングランプ、TRDスキッドプレートが目を惹くパーツ。それらの競技用パーツ装着には、各部の加工が必要になる。
TRDによるチューニングが実施されたコンプリートエンジンの購入も可能。2.4ℓで181ps/3400rpm、480Nm/1600rpmを発生する2GD-FIVエンジン、2.8ℓで245ps/3000rpm、670Nm/1600rpmなどがある。
キャナスのオリジナルパーツとして、GUN125/126用のフロントブレーキパッドとリアブレーキシューをリリースしている。ハードな走行に適したタイプだけでなく、街乗りにも最適なダストフリータイプもラインナップする。
全日本ラリーに出場するため、ナンバー付きであることは絶対条件。ゆえに競技車両といえど、各部の公認を取得済み。それらの対策や登録などを行なったのがキャナス。同様にTRDの競技用パーツを装着して公認取得までを依頼することも可能。
  • キャナス
  • http://www.canus.jp

The post 【キャナス】TRDコンペティションパーツの購入&正しい装着が可能! appeared first on LETS GO 4WD WEB.