◆LAND CRUISER 150PRADO

多くのエアロパーツやスープアップアイテムを提案し、四駆でのルックスと走りを追求してきたエルフォード。ローダウンサスを積極的に使わず、ロー&ワイドを構築するエアロスタイルは同社の顔ともいえるカスタムだったが、あらゆるプラドカスタムの方向性を模索し、近年はリフトアップスタイルに注力中だ。

 先述の通り、同社が得意とするのはFRPを使用したボディパーツで、その代表例がオーバーフェンダーやグリル、ボンネットなど。対してフロントウインドー上部にLEDライトをインサートしたルーフライトマウントパネルにも注目!純正ルーフレールより低く薄型のデザインのため、補助灯を追加したいが少しも高さを出したくないユーザーにオススメだ。
 またボディサイドにはスチール製のステルスサイドステップを装着。踏面をしっかりと確保しつつ、視覚効果でせっかくのリフトアップが低く見えないように、あえてオーバル形状のチューブタイプを採用。またフロントのプロテクターランプステーは、バンパーガードとランプステーの両方の効果を発揮。そこにオプションのスキッドプレートの追加装着も可能で。フロントマスクのイメージを一新するだけでなく、オフロード走行するなら安心感を高めるマストアイテムといえるだろう。
 もちろんサスペンションもエルフォード製で、スプリングとスペーサーで50㎜のリフトアップを敢行。このスタイルをフィニッシュさせる足元は、ブラッドストックSUPER LIGHT(通称SL)。前ページのセレスティアルと同様に軽さを追求した設計だが、傑作品ブラストの流れをくむ〝オフロードホイール〟である。そのため、エアー漏れなどを防ぐ機構(特許申請中)を備えるなど、機能性を重視した大径ホイールだ。
 スタイルも機能アップしたプラドを目指すなら、エルフォードスタイルで決めるのが正解だ。
独自の縦型6スリット形状を採用して、四駆らしいテイストを強めるバーチカルフロントグリル(グリルの枠部分は純正流用、撮影車は純正部分までをブラックアウト済み)。なお、グリルのみの取り付けであれば、純正トヨタエンブレムとミリ波レーダーとの同時装着でも問題なし。
76.3φスチール製パイプ(粉体塗装仕上げ)を採用したプロテクターランプステーは、大型アシストランプの装着を念頭に入れたELFORDリフトアップスタイルを象徴する逸品(200φランプがジャストフィット)。ステンレス製スキッドプレートもセット。
FRP仕様と部分カーボン仕様の2タイプを設定する軽量エアロボンネット(装着は後者)。純正ボンネット形状を活かしつつ、両サイドに配した3連ルーバーでスポーツテイストを爆上げ。さらにボンネット後端部を跳ね上げ形状とすることで、風を整流する効果もある。フロントの軽量化は、軽快なステアリングフィールにも貢献する。
両サイドに配した3連ルーバーはリアルダクトだが、雨水対策に優れた脱着可能な「分割式レインプロテクターパネル」を付属し、浸水対策も考慮。
フロント上部に搭載するルーフライトマウントパネル。ボディへの大掛かりなカスタムやルーフラックなどを必要とせず、気軽にスタイリッシュなLEDバーランプを装備できる新機軸のアイテムとして要注目。付属する10インチのLEDバーライトはオリジナルで、ハイライトモードとデイライトモードの2つの明るさを切り替えての使用が可能。
フィールド派に人気のUSトヨタ純正オプションのヒッチメンバーを装着するオーナーが増加中だが、そのままでは味気ない…。そこで立体感溢れるバランスパネルと同時装着すればリヤビューも個性的に(バックソナーとの干渉もなし)。さらにエルフォードのスプリット4本出しマフラータイプX(ステンレス製)との相性も抜群。エンドは多面体造形美が美しい120×85㎜デュアルスクウェアテール採用し、ジェントルなサウンドを奏でる。
50㎜という薄さとオーバル形状にこだわったサイドステップ。一般的なサイドステップより薄型かつオーバルパイプとすることで、通常の視点で見るとサイドステップの存在感を消すことに成功。結果、車高は高く見え、よりワイルドなアピアランスを実現。材質はスチール/ブラックパウダー塗装仕上げ。
20インチのタイヤ&ホイールを飲み込み、ボディサイドに迫力と立体感を与える20㎜ワイドのオーバーフェンダーを追加。ちょうどいいバランス感を構築することができる。

●2TR-FE(2.7ℓ)エンジン用

純正ショック対応のリフトアップコイル。バランスを重視したリフト量と適度なバネレートにより、オン&オフを両立するスタイルと乗り心地を実現。

●Bloodstcok SL(スーパーライト)

その名の通り、軽さを追求した20インチホイール「ブラッドストックSL(スーパーライト)」。フローフォーミング製法により、鍛造ホイールに迫る強度と軽さを確保しつつ、鋳造ホイール同様のデザイン性や価格を実現。特許申請中の「アンチエアリークシステム」と「インナーロックシステム」と呼ばれる独自の機構をホイールに搭載し、タイヤと接するリム部分に突起を設けてエアー漏れや、タイヤがホイールから脱落するビード落ちを防止。オフロード性能と街乗り性能を両立させた軽量でハイパフォーマンスな最新・進化系ホイールだ。

Bloodstcok SL(スーパーライト)

●カラー:マットブラック+ミーリング加工仕上げ
●仕様:フローフォーミング製鋳造1ピースホイール
●構造:JWL、JWL-T、VIA規格適合
●付属品:センターキャップ、エアバルブ
●重量:約11.5㎏〜11.9㎏/本
●特殊機構(特許申請中):アンチエアリークシステム、
●特殊機構(特許申請中):インナーロックシステム
  • ELFORD
  • 048-966-3551
  • https://www.elford.co.jp
 

The post 【ELFORD】ランクルらしい本格四駆テイストと疾走感の両立こそエルフォード流! appeared first on LETS GO 4WD WEB.