ドリフトカーからスラムド系まで、あらゆるカスタムを得意とする北海道のショップといえば「ガレージミニッツ」(以下ミニッツ)。そんな同店のこだわりは、常に北米最先端のアプローチでカスタムを施すこと。例えばエンジンスワップやサスペンションにはUS最新パーツと技術を投入しながら全体のスタイルをブラッシュアップするということである。
 「GUN125ハイラックスをいかにUS風にアレンジできるか」というコンセプトのもと製作されたこの車両は、そんな彼らの最新作。その見どころはやはり北米のデザートシーンで親しまれているKINGショックを前後に投入し、オン/オフでのパフォーマンスはもちろん、ドレスアップ効果を高めていることだろう。合わせてフロント8、リア7インチに及ぶリフトアップはこのたび「ミニッツ」が開発したというオリジナルのリフトアップキットによる恩恵。そこに(あくまでショーユース)的に取り入れたオーバーサイズの足元もやはり、北米で絶大な人気を誇るNITTO Trail Grapplerが選ばれている。こうした従来の手法やパーツとはまた異なるアプローチによってUSフレーバーなGUN125が完成。そのシルエットはまるでタコマやタンドラにも通じるものがある、といっても大げさではないだろう。

6インチのリフトアップにともない電動式のサイドステップを装着。ほかエクステリアには主だった変化はなく、あくまでシンプルな見た目を意識しているのもポイントだ。
このたび「ミニッツ」が開発/製作を手がけたGUN125用6インチアップキットは、メンバーダウンやリンクバー、ロングナックル、ほか補正パーツが一式含まれたお得なパッケージ。サスペンションは同店が正規販売元を務めるKING SHOCKよりGUN125用2.5DIAをセレクトし、見た目とパフォーマンスの両立を図る。
ベッドインナーから覗くリザーバータンクが目を惹くショックはフロントと同様にKING SHOCKよりGUN125用2.0DIAホースリモートリザーバーを採用。リアのリフトは「ミニッツ」のオリジナルリフトアップキットに付属するブロックで対応する。
GUN125ではやや高めといえるリフトUPに挑んだサイドビュー。前後の高さを均等とすることでバランス加減も良好だ。「ミニッツ」オリジナルボディリフトキットで2インチ。そこにこのたび開発された6インチ(リア5インチ)キットを組み込むことでトータル8インチ(リア7インチ)という迫力のリフト量を達成。
あくまでショーユースを前提に装着されたホイールには、MOTO METALよりMO962の20×12インチを捻出。タイヤはこの手のスタイルにはマストといえるNITTOのTrail Grappler 35×12.50だ。
  • ガレージミニッツ
  • 0157-36-4753
  • http://www.garageminiz.com
 

The post 【ガレージミニッツ】US感覚でイメージするGUN125ショーUPスタイル appeared first on LETS GO 4WD WEB.