◆XTREME-J XJ07

XDやKMC、ブラックライノホイールといった、世界的にも人気のUSホイールの正規総輸入販売元であると同時に、登場から10年位以上の歴史を誇る定評のオフロードホイールブランド「XTREME-J(エクストリーム・ジェイ)」を展開するMLJ(エムエルジェイ)。同ブランドのラインナップは現在9種類あるが、最旬モデルが、この「XTREME-J XJ07」だ。

グロスブラック マシンインディゴ

サテンブラック

マットブロンズ ブラックリム

 XTREME=「過激」や「極限」を意味するブランド名にふさわしいワイルドさで表現されたXTREME-Jホイールだが、特にその印象的なのがビードロックテイストのリムデザイン。実は国内ホイールメーカーとしては初採用した意匠でもある。そして8スロットディスクとコンケイブ断面を採用し、XTREME-Jのアイコンであるビードロックライクなリムフランジと融合させたXJ07は、よりビードリングのリアルさを強調。ディスク部の外周を大きくヘコませて、そのエッジをシャープにすることで別体パーツ的な雰囲気を与えている。
 さらにXJ07で話題を呼んでいるのが、今春から設定されたカラー:グロスブラックマシーン インディゴクリア。インディゴクリアとは、デニムをイメージした青みがかったブルーブラックのクリアーコート仕上げのことで、光の当たり方で多彩な表情を楽しめる新しいフィニッシュだ。

実は国内ホイールメーカーとして、初めてリムフランジにビードロックデザインを採用したのが「XTREME-J」。最旬のXJ07は、さらにリアルなビードロックルックを追求。結果、リムフランジはやや幅広で確かな存在感を主張し、リブデザインやヘキサゴン(六角形)ボルトを配置してよりワイルドな印象に。
センターキャップはXTREME-Jロゴがデザインされたボルト固定タイプ。ブラックにシルバーのロゴを配したこのスタイルは、XTREME-Jシリーズ共通のデザインアイコンだ。
8つのスロットホール(Dウインドー)と深いコンケイブ形状とが相まった圧巻の立体的ディッシュを演出するXJ07。プラドやハイラックス向けの17インチサイズは、最大限にコンケイブ断面を描き出す造形としている。スポーク部分には鋳抜きの「XJ」ロゴも配置。
  • MLJ
  • 03-5473-7588
  • https://www.mljinc.co.jp

The post 【MLJ】コンケイブが際立つ8スロット×ビードロックスタイルに青みがかったブルーブラックのクリアーコート仕上げが登場「XTREME-J XJ07」 appeared first on LETS GO 4WD WEB.