4WD・SUVブームの中、現在あらゆるメーカーからパーツがリリースされているが、そのカスタム内容は〝リフトアップ重視〟と言わざるを得ない状況。そんな中、センス溢れるデザインと抜群なフィッティングのボディキットやオリジナルホイールを展開してきたのが、4WD・SUVドレスアッパー代表の「ELFORD(エルフォード)」だ。ローダウン&エアロSUという当時は異端だったスタイルを世に浸透させた先駆者は、今も独自のパーツリリースを続けている。
 そのスタンスこそ、日常でしっかりと使えることを考慮し、ファッション性・機動性・走破性を融合した〝車高の上げ下げに左右されない〟スタイルアップの提案だ。さらにユーザーの先を行くカスタムで、装着タイヤサイズやオーバーフェンダーの有無までを緻密に計算することで徹底的にスタイルを追求する。
 そして完成したのが、デリカD:5でのエクストリームバンパースタイル。もちろんリフトアップ車でもカッコイイが、ノーマル車高でこそ至高のスタイルが完成する。そう、従来のエアロパーツとは異なるが、コレも新しいドレスアップなのだ。
 さらに精力的に全5態のカスタムを提案してきた150系プラドには『エルフォード・フロントハーフスポイラー専用オーバーフェンダー』など、より個性を出せるアイテムがある。こちらもノーマル車高とは思えないワイド&ロースタイルを視覚的に生み出すパーツを使い、日常性をスポイルしないコンセプトだ。
 一方でジープ・ラングラーJLのカスタムにも本格参入し、たくさんのファンに支持されている。それがUSパーツの装着でヘビーデューティに陥りがちな同車に向けて、日本産パーツの品質と〝ライトウエイト〟というテーマを掲げたジープであること。タフさやワイルドな魅力を損なうことなく、独自のスタイリッシュさでラングラーのスタイルさえも極めている。

ELFORD XTREME DELICA D:5

フロントグリル&エクストリームバンパーにより、フロントマスクのイメージを大きく変える。ホリゾンタル基調としたフロントグリルは、スリーダイヤも同色とすることでスポーティなフェイスを演出。一方アンダーにボリュームを持たせてグリルから続くスリットデザインを配置したエクストリームバンパーはノーマル車高とは思えない迫力あるスタイルを演出できる。これぞ、エルフォード流のデリカというワケだ。なおフォグランプは純正流用だが、丸型デザインとして差別化を図る。
オーバル形状のステルスサイドステップは、車高を犠牲にしない50㎜の薄型タイプながら、乗降性に優れる。視覚的に車高を低く見せない工夫も◎だ。
足もとにはLT235/70R16というD:5定番サイズのBFGオールテレーンKO2を履き、ブラッドストック1ピース(16×8.0J+13)とコンビ。このホイールは、万が一の際のエア漏れやビード落ちを防止する機構も備えるなど、本格オフロードにも対応。
全高に影響を与えるルーフラックを装着せずに、ルーフに10インチのLEDバーランプを取付けられるマウントパネル。単体装着も良し、ルーフラックと組み合わせて装着するも良し!また軽量なエアロボンネットやルーフ後端に追加したウイングでスポーティ感のアップを図る。
デリカでは困難とされた左右出しを採用したチタンカラーテールのレボルシオンデュアルマフラー。このマフラー専用のメッシュを配したバンパーガーニッシュセットを装着。さらにアドブルータンクガードを隠してレーシーさを加えるDEFカーボンタンクカバー(綾織り/ウェットカーボン製)も装備。

ELFORD Half-AERO"Wide"PRADO150

ハーフタイプと思えないほど、フロントビューの刷新が図れるフロントスポイラー(左右ダクトには片側5連のLEDデイランプパネルをオプション設定)を中心に、スーパーカーのような雰囲気を漂わせる大型の左右4本出しマフラーとセット販売されるハーフリヤスポイラーや、トヨタ純正サイドステップにアドオンしてローフォルムを形成する拡張型のエアロステップカバーを装着。オーバーフェンダーとのコンビネーションも見事。
デリカD:5エクストリームに採用されているルーフマウントパネル&オリジナル10インチLEDバーライト(×2基)のプラド専用モデルを搭載。ルーフのアクセントとしても、フィールドでの作業灯としてもオススメ。
エルフォードが掲げるSUV〝軽量化〟カスタムはプラドでも踏襲。150プラドへ装着を推奨する22インチアルミホイール「ソニックアート」によって、このサイズながら純正ホイールより軽い!という性能を発揮。さらにこの軽やかなツイン5スポークは、鋳造製法の中でも特殊なフローフォーミング製造を採用することで高強度・軽量を実現している。
150プラド後期型用エルフォード・ハーフスポイラー専用に開発されたオーバーフェンダーをNEWリリース!サイドビューにアクセントを与えながら、20㎜幅でワイド感を増大。迫力あるアピュアランスを実現した。今回組み合せたタイヤ&ホイールとマッチングするには、30㎜ワイドトレットスペーサーと同時装着を推奨。

ELFORD XTREME WRANGLER JL 4Door/2Door

これまでのエアロ製作で培った技術とデザイン力を生かすことで、見た目だけでなく軽さを重視するファイバー製品を中心にJLラングラー用パーツを展開。オーバーフェンダーや軽量ボンネットはエルフォードの十八番とも言えるアイテムだが、特筆すべきはフロントのエクストリームバンパーやアンダープレート。一見スチール製の重厚さやエクストリームな雰囲気を感じさせるのだが、素材はFRP。キャンプに使う程度で街乗りがほとんど、回頭性をスポイルしたくないユーザーにはジープらしいスタイルを純国産品質で享受できてオススメ。
 一方エルフォードがJLラングラーのカスタムテーマに掲げる〝軽量化〟をさらに推し進めることのできるスムージングパネルは、スマートなリアビューの構築にも最適だ。ちなみにサイドステップ以外のエクステリアパーツは2ドア/4ドア問わず装着可能だ。
エルフォードが展開するウルトラパフォーマンスマフラーは、スポーティな形状とレスポンスながら車検適合。安心してカスタムできるパーツの提供もまた、エルフォードの真骨頂だ。
  • エルフォード
  • ☎048-966-3551
  • https://www.elford.co.jp

The post 【ELFORD】車高の上げ下げに左右されずに革新的スタイルを構築するエルフォード流〝ボディキット〟カスタム appeared first on LETS GO 4WD WEB.