新しいカテゴリーの4WD・SUVタイヤとして、すでに多くのユーザーから支持されているヨコハマ『ジオランダーX-AT』。
“エクストリームなオールテレーンタイヤ”というコンセプトの通り、オフローダー寄りのアグレッシブなルックスと、日常走行・ハイウェイ走行を快適にスポーティにこなすパフォーマンスを両立する。ジオランダー・シリーズにはリアル・オフロードタイヤのマッドテレーン『ジオランダーM/T G003』と、まさにオールランダータイヤの『ジオランダーA/T G015』がラインナップしているが、X-ATはちょうど、その中間的なキャラクターなのだ。
サイズラインナップも豊富で、ハイパフォーマンスSUVから本格クロスカントリー車、そして軽トラックまで、幅広い車種にフィット。さらにサイズによっては〝アウトラインホワイトレター仕様〟も用意し、ドレスアップ派のユーザーにもアピールしている。
 そんな「ジオランダーX-AT」が2022年末をメドに新サイズを追加。それがランドクルーザー300やLX600への装着を前提にした“LT275/55R20”サイズだ。ランクル300の純正サイズは265/55R20(ZXグレードの場合)なので、それよりひと周り外径の大きな、しかもLT(ライトトラック)規格適合、ロードレンジEEという仕様だ。
 ランクル300といえば、バリバリの高級SUVだが、一方で最高峰オフローダーでもある。ゆえにLTタイヤとの相性も気になる……。早速試乗してみよう。
 今回のX-ATテスト車はZXモデリスタ仕様、ということでエアロパーツを装着しているが、サイズ的なフィッティングは問題なし。ハミ出しもないし、足回りが伸縮した際のインナーフェンダーへの干渉もない。むしろ太さと外径が若干増したことで、スタイル的バランスも良くなったと思える。
 さて、懸念されたオンロードの走りは、いい意味で裏切られた。
LTタイヤでも全く硬さを感じさせず、乗り心地はしなやか。むしろ足もとのしっかり感が増し、キビキビしたハンドリングが味わえる。スポーティな外観にふさわしい、軽やかな身のこなしでワインディングをこなしていく。
 もちろんX-ATは静粛性の高さも定評がある。グランドツアラーとしてのキャラクターが強いランクル・フラッグシップのパフォーマンスをさらにレベルアップした印象で、長距離ドライブの疲労度もだいぶ抑えられている。
 一方、オフロードでの頼もしさもX-ATの何よりの魅力だ。マッディな路面もワダチを外れることなく、タテ方向・ヨコ方向に確実なトラクションを生みだしてくれる。とくにタテへの前進力は本格マッドテレーンに匹敵するほどだ。キャンプやアウトドアを定期的に楽しむユーザーでも、十分に満足できる実力だろう。

ジオランダーX-ATの特徴

トリプルポリマー/アグレッシブブロックパターン/デュアルサイドブロックデザイン

マッドテレーン系タイヤにも採用される「トリプルポリマー」による高強度なコンパウンドをベースに、4つの異なる形状の 「アグレッシブセンターブロック」、2つの異なる形状の 「ダイナミックショルダーブロック」を採用したトレッドパターンを持つ 『ジオランダーX-AT』。オンロード&オフロードの高いトラクション性能を実現しながら、高い耐摩耗性や耐カット性を確保。さらにアグレッシブなルックスも手に入れている。今回の〝55〟のような偏平率の低いサイズでも、左右でデザインの異なる 「デュアルサイドブロックデザイン」を採用しているのもポイントだ。
両側で異なるサイドデザインの「デュアルサイドブロックデザイン」とし、好きなデザインを表側にできる。今回はトレッドデザインが伸張した形で凹凸量の大きいブロックをサイド上部まで展開するセリアル側の「大型ブロックデザイン」を表側に。反セリアル側はオフロードタイヤを想起しやすい「ラグタイプ」を採用。
さらに全サイズにレイズドブラックレターを採用(一部サイズはさらに片側にレイズドアウトラインホワイトレターを採用)し、ショルダー部にはGEOLANDARやX-ATのロゴなどを刻印。
今回のX-AT(LT275/55R20)はロードレンジがEと高まっている分、足もとのしっかり感が向上しているように思えた。ステアリング操作に対する反応も素早く、キビキビ走ってくれるイメージが強かったのである。さらにワインディングでの姿勢変化も小気味よく、身のこなしもすこぶる軽やかだった。
ガレ場や河原、林道といったオフロードに安心感を持って進入していけるのも、A/Tタイヤの強味。特に『X-AT』はタテ方向・ヨコ方向のトラクション性能が強く、足をとられがちなワダチのような所でも容易に姿勢を乱さない。
ハイパフォーマンスな乗用SUVという側面もあるランクル300だけに、LT規格タイヤとのオンロードでのマッチングも最初は懸念された…。しかし、実際はしなやかな乗り心地と静粛性の高さが印象的で、高速クルージングも快適そのもの。グランドツアラーとしての資質を伸ばしてくれていた。
少し湿った、マッディな道でもしっかりと路面を捉えてくれる。とくに前へ進むまい進力は本格派M/Tタイヤ並みの力強さを見せた。一方で終始安定したトラクション感を得られるもの、セルフクリーニング性(排土性)がしっかり確保されているからだ。
  • 横浜ゴム
  • https://www.y-yokohama.com
  • タイヤお客様相談室 0120-667-520(フリーダイヤル)

The post 【YOKOHAMA】M/TとA/Tを良いとこ取りした新機軸のエクストリームオールテレーン「GEOLANDAR X-AT」 appeared first on LETS GO 4WD WEB.