颯爽と水際に現れたJeep。ビキニカラーということもあるのだろうが、スタイリッシュに、そしてJeepらしいワイルドさにあふれたアピアランスは、老舗4WDプロショップ「TECH FOUR」が仕上げた1台だ。
 ポイントは37インチ・タイヤ&ホイールの装着、そしてそれを可能にしている足まわりのカスタム。基本はテラフレックスの3.5インチアップキット。コイルスプリングだけでなく、“アルパイン・フレックスアームIR”という、テラフレックス、トップエンドのパフォーマンスを持つアーム類に変更されている。
 またショックアブソーバーはKINGの大容量リザーブタンク式を採用。ハード&タフな走りでも減衰力のタレない、安定した走りを提供してくれる。見た目以上の、走りへのこだわりがTECH FOUR流だ。
 そしてエクステリアのメイクにものセンスが息づく。ウインチを備えたフロントバンパーはVKSのショートタイプ。アンダー部分にはアシスタントランプも備えられている。走りと同時に、オフローダーとしての機能性を追求した仕様なのだ。
 さらにリヤにもVKSバンパー、そしてオリジナルの“REAL−Gエキゾースト”が存在感を高める。サイドはJCRのフェンダーに交換され、ルーフにはスッキリしたデザインのEVOトレイルラック。前後左右、そして上下のルックスまで、クルマ全体のシルエットのバランスのよさにシビれてしまう。

VKSのフロントバンパーはショートタイプ。ウインチ搭載も可能にしているヘビーデューティ仕様だ。搭載ウインチはWARNのZEON 10-S。JLにはジャストマッチの牽引能力、シンサティックロープ仕様で、軽量化も果たしている。
ランプ類を充実させているのも、TECH FOUR Jeepの特徴だ。Aピラー前には2連のLEDを、さらにフロントウインドーの枠に沿ったステーを備え、ルーフ前には8連のKCの丸形LEDをレイアウト。今、USでもホットなスタイルなのだ。
アシスタントランプは通常、バンパー埋め込み式になるが、ショートタイプのためバンパー下にセット。この下に装着するスキッドプレートも開発中とのことだ。
前後のアッパー&ロワアームはテラフレックスのハイエンドモデル“アルパイン・フレックスアームIR”を採用。ジオメトリーの調整に一役買うとともに、特殊なブッシュを使用、スキッド性も向上させる。
サスペンションは前後のアッパー&ロワアーム類も含め、テラフレックスの3.5インチアップキットを装着。ただしショックアブソーバーはKINGのリザーブタンク式を採用している。
インナーフェンダーはJCRに交換。大径・ファットなタイヤがストロークしても、フェンダー内への干渉を防ぐ。37インチ以上のタイヤには必須アイテムだ。
スープアップのメニューではマフラーのほか、“ペダルコマンダー”を装着。エコモードやスポーツ+モードなど、いわゆるサブコン的な働きでJeepの走りのパフォーマンスを引き上げる。
ランプ類の操作や、ウインチのメインスイッチなど、電装系はすべて運転席に備えた“sPOD”でコントロールする。機能性満点、であるとともにインテリアをコクピット的に演出している。
フロント同様、リヤにもVKSのスチールバンパーを装着。すっきりしたデザインで対地アングルを確保。スペアタイヤを外した部分には専用プレートを装着、ここにナンバープレート、バックカメラ、ストップランプを集約。
サイドステップはスタイル上、あまり主張していないが、ロックレールとしての機能とステップとしての機能を、きっちり両立させている。
ルーフラックはEVOの“トレイルルーフラック”を装備。ルーフモールに固定するタイプだが、スタイリッシュな装着感が魅力。フロントトップの脱着にも影響がない。
マフラーはTECH FOURオリジナルの“REAL-Gエキゾースト”。スクエア左右出しで、サウンド、パフォーマンスに徹底的にこだわった。リヤビューもエモーショナルにキメる。
夏は高温に、冬は冷えを外から中に持ってくるJeepのトップ。内側に貼るように装着する“BOOM MAT”は熱や音を遮り冷えも持ち込まない。快適ドライブには必須だ。
シャープなデザインのJCRフェンダーフレアを前後に装備。ファットなタイヤとのシルエットバランスが、Jeep本来の機能性をアピールする。
ラゲッジルームの積載性や使い勝手を向上させるのが、FABTECHのラゲッジボード。剛健な造りで荷物も安心して積載、もちろん見た目にもワイルド感を演出。

ルックスでも選べる!リアル・ビードロック

TECH FOURのJL、実は一番のオシどころはホイールの選択だ。アメリカン・ホイールブランド「アルファホイール」の“Xコマンダー”は、リアル・ビードロックホイール。とかく機能重視でスタイル的にイマイチ…なビードロックに、アグレッシブなデザインを投入。ロックリングなしでも履けるのもウレシい。サイズは9.0J×17(-20)。TECH FOURのみでの取り扱いだ。

JKだって、まだまだ熱い!スラントヒップの冒険仕様

もちろんJLは魅力的だけど、納車もおぼつかない、しかも高価!ここはJKを見直してみてはどうだろう?ということで完成させたのが、このJK。インパクトのあるフォルムを造り上げながら、日常も快適に乗れる。そしていざ、オフロードへ踏み込んでも、Jeepならではの走破力を存分に楽しむことができる…。そんなTECH FOURのカスタムコンセプトを、具現化しているのだ。

タイヤはNITTOマッドグラップラー、37×13.5R17。ホイールはTECH FOURがオリジナルで扱う“アルファホイール・Xコマンダー”、9.0J×17(-20)、ストリートリング仕様。
サスペンションは“オフロードエボリューション”の3インチアップキット。これにFALCONのショックアブソーバーやFOXのステアリングダンパーなどを組み合わせ、快適に乗れる仕様にセットアップしている。
フロントバンパーはVKS、ショートタイプながらバーも備えている。搭載するウインチはスミッティビルトの12000ポンド仕様。サイドステップはN-FAB、ロッカーパネルはJCR、さらにオーバーフェンダーはTRCで、アグレッシブなサイドビューを構築。トップはベストップ社の“トレックトップNX”に変更。ベージュのカラーとスラントしたエンド部が、このクルマのシルエットを造り上げている。これに組み合わせたのがGOBIステルスルーフラック。通常のルーフラック、プラス、フロント部はロールケージ風に、リヤはスラントに合わせたラダーに。
  • テックフォー
  • 0465-49-1449
  • http://www.real-g.com

The post 【TECH FOUR】スタイリッシュさとワイルドイメージ。2つの相反するコンセプトを絶妙に盛り込んだJL appeared first on LETS GO 4WD WEB.