世界的な感染症の影響受け、洗車場へ行く回数が減り、サビの原因となる工業有害物質や粉塵、塩等が、ボディ各所にたまりがち。一旦サビが発生すると、その補修は厄介で高額。もちろん、傷つけられたり、ぶつけたりすれば、そこからサビは発生・進行する。アウトドア遊びを楽しんでいる人は、とく見えない場所のサビに頭を悩ましているのでは?ならばと、愛車をアンダーコートで固めても走行中のGの影響で数年でヒビが入り、そこに塩や水分がたまる。サビのリスクは少しも減らない。そこでお勧めしたいのが、電子の力でサビを抑え込む方法だ。〝サビの発生を電子の働きが抑制する〟メカニズムは、古くから科学・化学的に証明されており、欧米では50年以上も前からこのメカニズムを、コンビナート、地下パイプライン、海沿いの水道施設、橋げた等の鉄の腐食防止に応用している。
 ツーフィットが開発した自動車向けのサビ防止装置「ラストストッパー」も、電子の働きを利用し鉄板の腐食作用を軽減させるメカニズムを持っている。効果は、実証実験や20数年におよぶユーザーの支持により証明されている。つまり、ラストストッパーの導入で、サビの悩みは解消!ラストストッパーは、12V全車種に対応。商品は、通常タイプと、海辺や雪の多い地域にあるクルマやデリカジープのような機関寿命の長い中・大型四輪駆動車向けにヘビーデューティータイプを用意する。24V用もある。
 サビは一度発生するとその修復に高額な鈑金塗装費用を生じる。新車を購入したとか、サビが気になり出したならラストストッパーの装着を!

ヘビーデューティータイプ

レギュラータイプ

ラストストッパーは完全防水仕様。水分が装置内部に浸入するのを防ぐためにケースはしっかり密閉され、さらに基板にも防水処理を施すなど、湿気に対して万全の体勢を整えている。

塩水を使った実証実験>>>>>>>>>

ラストストッパーを装着した場合と非装着の場合で、24時間後のサビの発生を比較した。ラストストッパーを装着した鉄板(右側)はサビの発生を完璧に抑えているのに対して、非装着の鉄板(左側)には、多量のサビが発生していた。

専門知識がなくても取り付けが可能

本体を装着する場所を決めて、赤い線をバッテリーのプラスターミナルに配線する。。
黒い線をバッテリーのマイナスターミナルに配線、本体のLEDランプが点灯していることを確認する。
エンジンルームの適当な場所にボディアースと同じ要領でクリアワイヤー(短い方)を配線する。
クリアワイヤー(長い方)は、フレームに接続して使用する。今回は、バッテリーの下に垂らしてフレームに配線した。クリアワイヤーは必ず塗装してある面に接続すること。剥き出しの金属に取り付けると、サビがそこに集まってしまう。
本体の固定場所は、作動状態がすぐに確認できるようにバッテリーの上部に。付属のクリーナーで上部を脱脂して面の油分を取り除く。
付属のベルクロを貼り付け、本体を装着し作業は完了。
  • To Fit
  • https://www.to-fit.co.jp

The post 【To Fit】アクティブなJeepだからこそ防御が必要!電子の働きを利用してJeepをサビから守る appeared first on LETS GO 4WD WEB.