◆EIGHT SPOKE R Type/F8 Type

ワイドな深リムにマイナスオフセット…と、現行車では少し手が出しにくいが、数多くの記録やレースシーンで歴史を残してきたワタナベを代表し、ワタナベのDNAを最も受け継いだのが「レースモデル」と云っても過言ではないエイトスポークR Typeホイールだ。

 もともとはフォーミュラカーの製作を本業とし、レース用のマグネシウムホイールや公道用のアルミホイールを送り出してきた老舗ホイールメーカー『レーシングサービス ワタナベ』を象徴するこの〝エイトスポーク〟ホイール。流行に左右されない、頑なに伝統の8本スポークデザインを守り通しているブランドである。
 そんなRSワタナベのエイトスポークに、新たにジムニーJB64&JB74用がラインナップに加わったのは先日お伝えしたが、冒頭で述べた通り、さらに攻め込んだ16×8.0J±0サイズで、R Typeデザインを再現したモデルが追加リリースされた。
 1968年に誕生したエイトスポーク。考えてみればジムニーより長い歴史を持つのだが、当時のスタイルをそのまま現代まで踏襲していることから、原点回帰したスタイルのJB64&74にも絶妙にマッチ。R Typeを頂点に、いずれのサイズもできる限りディープリムスタイルとして、リムにリブデザインを入れて深リム感を強調。エイトスポークの基本形を、ジムニーで履けるこの時代に感謝したい。

ハブセンターが内側に落とし込まれたコンケーブスタイルを古くから採用。さらに盛り上がった8本のスポークデザインがRSワタナベ・エイトスポークのアイデンティティだ。これは軽量化と高剛性の確保にも有利なデザインであるため、半世紀以上愛され、飽きの来ないバランス・飽きの来ないデザインとして風化されない価値がある。なお、同じエイトスポークと言えど、サイズやインセットの違いでフェイスが異なる。メインで紹介しているのが16×8.0J±0サイズ。ワイドなリムのはるか奥にエイトスポークのディスクをセットすることで、深いマイナスインセットを実現。装着車のシエラは235/70R16サイズのオープンカントリーR/Tのホワイトレターとともにセットアップ。数多くのレースシーンで歴史を残すワタナベ本来の姿を堪能できる。

リムには「RS WATANABE」、センターにはJWL/JWL-Tの刻印とともに同社の三羽の鶴を記したエンボス状の立体デザインロゴを採用。多くのニセモノが流通するほど、人気の高いエイトスポークデザインのアルミホイールだが、かつて裁判で勝訴した経緯などもあり、事実上このエイトスポークはRSワタナベしか採用できないのである。

材質はアルミ、成形は鋳造となる。カラーは今回装着したブラック(ガンメタ風)を標準に、多彩なオプションカラーを選択可能。なお、RSワタナベを象徴するセンターキャップは汎用サイズのオプションで、全てのJB64&JB74に装着できるとは限らないので、念のため。
  • RACING SERVICE Watanabe
  • ☎045-573-5629
  • https://www.rs-watanabe.co.jp
  • https://www.falcon-d.com/form/ ◀お買い求めはファルコンより

The post 【RACING SERVICE Watanabe】好評リリース中の〝不朽の名作〟ジムニー用エイトスポークに深リム・レーシングモデルのシエラ専用R Typeが登場! appeared first on LETS GO 4WD WEB.