長年にわたり、四駆を含む様々な車のインテリアパーツを販売してきたグレイス。同社のシートカバーはフィッティングの良さ・座り心地・機能性はもちろん、DIYでの取付けやすさにも定評がある。さて今回紹介する『crum(クルム)』は、ちょっとレトロな雰囲気でオシャレを気軽に演出できるブランド。特にジムニー&シエラ用のアイテムは数多い。つまり純正の室内には物足りなさもあるし、オーナーの意識は高いってことだ。
 このシリーズのポイントはシートカバーと同じ素材を使用したカバーを使った各アイテムを同時にリリースしていること。これで車内を統一感のある空間に演出することができる。
 さて、クルムの新アイテムとして、艶を抑えたビンテージレザー仕様のアンティーク・シートカバーが登場予定で、早ければ今秋ラインアップとのこと。今回はビンテージブラウンをデニムと組み合わせたシートカバーを装着してみたが、さまざまなニーズに応えて、クラシカルな千鳥柄との組み合せや、全面ビンテージレザーで仕上げることも可能。これまでのラインナップしていたアンティークレザーはヴィンテージ家具を彷彿とさせる艶の強いものだったが、それとは異なる落ち着いた風合いが都会はもちろんアウトドアシーンでも映えること間違いなし!何か1つ装着するだけでもイメージチェンジできるし、もちろんフル装備もオススメ。
 ジムニーをワクワクする乗り物に仕上げたいなら、グレイスのクルム・コーディネイトがイイ!

装着車両:ジムニーJB64/ジムニーシエラJB74

多彩なアイテムで室内をトータルコーディネートできるのがグレイスの魅力!

デモカーのジムニーJB64/74には、今回のアンティークデニム(ビンテージレザー)やアンティークシリーズのシートカバーとも統一が図れる室内の専用アイテムを装着済み(ハンドルカバーは汎用)。例えば樹脂部分をレザーでカバーすると一気に高級感が演出できるし、またメーターパネルやリアゲートトリムアクセントなどは手軽だが、見た目の変貌といった効果は絶大だ。

既に発売されているアンティークのレザーと比べると、新たに登場予定のビンテージレーザーはかなり艶を抑えた落ち着いた雰囲気であるのが特徴。その肌触りはしなやかで、もちろん中のクッションも厚い。つまり座り心地はすこぶる快適だ。また一緒に組合せたデニム素材は色落ちしにくいの素材を使っている。さらに難燃性にも配慮されており、安全性もバッチリ。ちなみにシートカバーだけでなく、各種インテリアアイテムは商品が届いたら、基本即座にDIYで取付け可能。Aピラーのピラーパネルはレザー素材を貼り付けた完成品との交換となるが、それ以外は両面テープなどで固定するだけ。自分のイメージした通りのインテリアにアレンジして、個性を主張したい。
日本製であることも美点であるグレイス&クルムのシートカバーには、高級感漂うレザーエンブレムを装備。またシートバックポケットもしっかりと備わり、ノーマルの機能を確保。さらにボルトオン装着できて12段階で角度調整が可能なアームレスト&アームレスト用カバーも発売中。
新たに登場するアンティークシリーズのビンテージレザーのカラーバリエーションは、明るめのブラウンとブラックの2色。ボディ色や内装色と合わせるのもアリだし、あえて全く違う組み合わせも良さそう。オススメはブラウン×デニム、もしくはブラック×千鳥柄にするとかなりオシャレだろう。

ダッシュボードマット

メーターパネル

アクセントライン

ルームミラーカバー

サンバイザーカバー

ハンドルカバー

ブーツカバーAT

キックカバー

ピラーパネル

グリップカバーセット

フロアマット ANTIQUE

ラゲッジマット ANTIQUE

グレイスのラインアップでシートカバー同様に人気をなのがジムニーJB64/74用のフロアマット&ラゲッジマットだ。フロアマットは前後席用4枚セットで、フロアにジャストフィット。ラゲッジマットは左右分割可倒が可能で、荷物を積載した時のシート保護にも◎。他に立体構造を採用して汚れを落とさないように配慮したアウトドアに最適な3Dフロアマットなども用意。
  • グレイス
  • 072-654-3363
  • https://grace-cts.com

The post 【grace】ちょっとレトロな”crum”に落ち着いたビンテージ・レザー仕様が近日登場 appeared first on LETS GO 4WD WEB.